バトミントンTOP海外ニュースワールドツアー ≫ 【Super300】櫻本&髙畑が第1シードを下し準決勝に進出!<ニュージーランドOP>

【Super300】櫻本&髙畑が第1シードを下し準決勝に進出!<ニュージーランドOP>

5月4日に開催されたBWFワールドツアー・ニュージーランドOP(Super300/オークランド)4日目は、各種目準々決勝が行なわれた。

準々決勝には女子シングルス、ダブルスが勝ち残った日本勢。シングルスでは第1シードの髙橋沙也加がタイ選手を2−0で抑えて準決勝へ。三谷美菜津、鈴木温子の日本人対決は、三谷が17本、11本で制して、こちらも準決勝へとコマを進めた。

ダブルスは櫻本絢子/髙畑祐紀子が、インドネシアの第1シードペアをファイナル勝負の末に下してベスト4進出。中西貴映/東野有紗が韓国の若手ペアを2−0のストレートで退けて4強入りを果たしている。

準々決勝の結果と準決勝の対戦カードは以下の通り。

【女子シングルス】

三谷美菜津②〔21−17、21−11〕0●鈴木温子36分

髙橋沙也加②〔21−10、21−11〕0●パタラスダ・チャイワン(タイ)31分

▼準決勝

髙橋沙也加 − 三谷美菜津

【女子ダブルス】

福万尚子/與猶くるみ●0〔16−21、15−21〕②曹彤威/鄭雨(中国)47分

櫻本絢子/髙畑祐紀子②〔21−8、15−21、21−15〕1●ハリス/プラディプタ(インドネシア)72分

中西貴映/東野有紗②〔21−17、21−17〕0●ベク/リー(韓国)51分

▼準決勝

櫻本絢子/髙畑祐紀子 − 中西貴映/東野有紗

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2018/05/05


閉じる