【高校選抜】V候補の中山&緑川、奈良岡が勝ち上がる<男子個人>

「第46回全国高校選抜」(3月24日~28日/愛媛県・愛媛県武道館、松山市コミュニティーセンター体育館)の競技3日目、27日(火)は、愛媛県武道館で試合が行なわれ、男女ともにダブルスが準々決勝まで、シングルスは2回戦までを実施。ダブルスはベスト4、シングルスはベスト8がそれぞれ出そろった。ここでは、男子のダイジェストをお伝えしよう。

第1シードから危なげない勝ち上がりを見せた中山(右)/緑川。緑川はシングルスでも最終日に駒を進めた
準決勝進出を決めた中山(右)/緑川(埼玉栄)。シングルスでも最終日に駒を進めた緑川は「3冠をめざしてやってきた。最後は足をつってもいいくらいの覚悟を持って勝ちにいく」と意気込む

【男子ダイジェスト】

ダブルスは、団体優勝校の埼玉栄から2ペアがベスト4入りを果たした。第1シードの中山裕貴/緑川大輝が失ゲーム0で勝ち上がった一方で、武井優太/遠藤彩斗は準々決勝で北海の野上拓哉/大井済聡にゲームを落としながらも踏ん張って勝利。埼玉栄は同校決勝の実現に向けて一歩前進した。

第4シードの樋口太一/小川翔悟(日章学園)は、ストレート勝ちを重ねて準決勝進出。その弟ペアである小川航汰/樋口稜馬(日章学園)は優勝候補の一角・奈良岡功大/武藤映樹を2回戦で破る番狂わせを演じたが、準々決勝は福井工大附福井の農口拓弥/服部輝正を相手に勢いを持続できず。「自分たちの持ち味である攻撃力を発揮できた」という農口/服部が2-0で制してベスト4進出を果たしている。

混戦を抜け出し、ベスト4入りを果たした農口拓弥/服部輝正(福井工大附福井)
混戦を抜け出した農口拓弥(右)/服部輝正(福井工大附福井)。「予想していた相手とは違いましたが、気持ちを引き締め直して戦えた」と二人

シングルスは、3冠をねらう緑川が第3シードから順当に勝ち上がってベスト8入り。「(ダブルスの敗戦から)気持ちを切り替えられた」という第1シードの奈良岡は、1、2回戦を危なげなく突破した。そのほかの四つ角シードに入る水島工の一井亮太と藤井凌は、そろって準々決勝進出。シングルスは大きな波乱なく個人戦初日を終え、V候補たちが着実な勝ち上がりを見せた。

大本命の奈良岡は危なげない勝ち上がり。「もうシングルスしかないので、しっかり調整して金メダルを取りにいきたい」
本命の奈良岡は危なげない勝ち上がり。「シングルスしか残っていないので、しっかり調整して金メダルを取りにいきたい」

明日28日(水)は男子ダブルスの準決勝~決勝、男子ダブルスの準々決勝~決勝が行なわれる。試合開始は9時の予定。

【28日の対戦カード】

男子ダブルス

▼準決勝

中山裕貴/緑川大輝(埼玉栄) ― 樋口太一/小川翔悟(日章学園・宮崎)

農口拓弥/服部輝正(福井工大附福井・福井) ― 武井優太/遠藤彩斗(埼玉栄・埼玉)

男子シングルス

▼準々決勝

奈良岡功大(浪岡・青森) ― 町 祥英(瓊浦・長崎)

宇治巧登(東大阪大柏原・大阪) ― 藤井 凌(水島工・岡山)

緑川大輝(埼玉栄・埼玉) ― 小川翔悟(日章学園・宮崎)

一井亮太(水島工・岡山) ― 服部輝正(福井工大附福井)

男子ダブルス結果はこちら

男子シングルス結果はこちら

ヨネックス『STB』プレゼントキャンペーン実施中!
応募方法などはこちら

文/バドミントン・マガジン編集部 写真/江見洋子

 


投稿日:2018/03/27
■関連キーワード

            

人気記事ランキング