【TOP4】トナミ運輸がS/Jに続きタイトル奪取!<男子・決勝>

宮城県のゼビオアリーナ仙台で24日に開幕した初の公式カップ戦『TOP4 TOURNAMENT』。25日に大会2日目を迎え、男女の決勝戦が行なわれた。ここでは、トナミ運輸と日本ユニシスとの間で争われた男子決勝をダイジェストでお伝えしよう。

昨日の準決勝と同じく、ソノカムとホキコバのダブルスの二枚看板を組み替えてきたトナミ運輸の第1ダブルスは、園田啓悟/保木卓朗。対する日本ユニシスは、日本A代表の井上拓斗/金子祐樹をトップに置いた。4人全員が日本A代表となったこの試合で、先制したのは園田/保木だ。正規のペアではないため所々で連係ミスは見られたが、それぞれが得意とする速く攻撃的な展開を随所に見せた。第1ゲームを13本で奪った園田/保木は、第2ゲームこそ井上/金子に奪われたが、ファイナルゲームは20-15でマッチポイントを握ると、保木のスマッシュが甘く返ってきたところを、最後は園田がたたいてゲームセット。優勝を大きくたぐり寄せた。

ファイナルゲームまでもつれた第1複を制した園田(右)/小林
ファイナルゲームまでもつれた第1複を制した園田(右)/保木

日本ユニシスにとっては、王手をかけられて苦しい場面。この状況で奮起したのが、S/Jリーグ2017で内定選手ながら3勝をマークして新人選手賞を獲得した五十嵐優だ。トナミ運輸の日本A代表・常山幹太を相手に堂々としたプレーを披露。第1ゲームを17本で奪うと第2ゲームもリードを奪い、終盤に追い上げてきた常山を19本で振りきり大きな1勝。ゲームスコアは1−1となり、勝負の行方は第2ダブルスに持ち越された。

日本ユニシス・五十嵐がシングルスで勝利し存在感を示した
日本ユニシス・五十嵐がシングルスで勝利し存在感を示した

その第2ダブルスで、試合を優位に進めたのは渡辺勇大/渡邉航貴の日本ユニシス・若手ペアだった。渡邉航貴はシングルスを主戦場とする選手ながら前衛で球を止め、ときには鋭いアタックでポイントをあげるなど役割を果たす。しかし、それでもトナミ運輸の嘉村健士/小林優吾が崩れなかったのは経験の差か。嘉村/小林は第1・2ゲームともリードを許す展開が続いたが、終盤に追いついて逆転。第1ゲームは22本、第2ゲームは18本で競り勝ち、トナミ運輸が今大会における男子初代王者の座に就いた。

渡辺勇/渡邉航を振りきって優勝を決めた嘉村(左)/小林
渡辺勇/渡邉航を振りきって優勝を決めた嘉村(左)/小林
S/Jリーグ最終戦では日本ユニシスに敗れていたが、雪辱を果たして初代王者となったトナミ運輸
S/Jリーグ2017最終戦では日本ユニシスに敗れていたが、雪辱を果たして初代王者となったトナミ運輸

<トナミ運輸・荒木純監督>

「第1ダブルスは、相手(井上/金子)が120点の出来でなければ、勝負できるのかなと思っていました。ファイナルゲームは『勝ちたい、優勝したい』という気持ちが、うちの2人のほうが強かったのかなと。今回、新たにできた大会で、S/Jリーグで負けていたチームを相手に勝ちたいと思っていて、それは選手たちも同じで、借りを返すことができました」

▼男子決勝
トナミ運輸 2-1 日本ユニシス
園田啓悟/保木卓朗 ②〔21-13、19-21、21-15〕1 井上拓斗/金子祐樹
常山幹太 0〔17-21、19-21〕② 五十嵐優
嘉村健士/小林優吾 ②〔24-22、21-18〕0 渡辺勇大/渡邉航貴

※トナミ運輸が初優勝

文/吉井信行 写真/菅原淳


投稿日:2018/03/26
■関連キーワード

         

人気記事ランキング