【高校選抜】実力伯仲の戦いで頂点に立つのは?<女子団体展望>

3月25日から競技が始まる『第46回全国高校選抜』。初日は男女団体戦の1回戦から3回戦まで実施され、2日目の26日には準々決勝から決勝までが行なわれる。

ここでは高校選抜特別企画として、バドミントン・マガジン4月号で掲載されている女子団体戦の展望を紹介しよう。

◆女子団体の組み合わせはこちら

ふたば未来学園と埼玉栄が有力
青森山田にも注目

団体戦優勝候補のふたば未来学園のエース・水井ひらりは、単複でも頂点をねらう
団体戦優勝候補のふたば未来学園のエース・水井ひらりは、単複でも頂点をねらう

実力伯仲で混戦が予想される女子団体。昨年のインターハイ上位勢が四つ角シードに入るトーナメントで優勝争いの中心にいるのは、第1シードのふたば未来学園だろう。昨夏に続く優勝、そして大会連覇をねらうチームの要は、JOC単優勝・複準優勝の水井。このほかにも、全中優勝経験のある福本/佐藤、ジュニアナショナルの1年生が3名おり、充実の戦力で「全種目制覇」という目標に向かっていく。

その対抗馬としてまず名前があがるのは、青森山田と埼玉栄。昨夏の準優勝校で第2シードの青森山田は、東北1位の大石/木村が中心。東北大会の団体決勝ではふたば未来に屈したが、今大会では強みである団結力を発揮して、6度目の優勝をつかめるか。

一方の埼玉栄は、どこからでもポイントをねらえる選手層の厚さが光る。単複で力のあるエース・齋藤/吉田をはじめ、JOC3位の上杉、同8強の鈴木/大澤など、昨夏3位を経験する選手が多いのも強み。主将の上杉は「全力を尽くして頑張ります」と、優勝に向けて意気込む。

右上の山では、第3シードの柳井商工がどこまで勝ち進むか。名門の聖ウルスラはジュニアナショナルの栗原がいる西武台千葉と、JOC3位の関矢/徳岡を擁する四天王寺と同じヤマに入った。ここを抜け出したチームが勢いに乗ることも考えられる。

そのほかでは、インターハイ8強の九州国際大付や英明も優勝争いに絡んできそう。強豪集うブロック大会を制した作新学院、園田学園、倉敷中央、諫早商などにも注目したい。

埼玉栄は昨夏を経験する吉田、齋藤、上杉(写真)らを中心に頂点をめざす
埼玉栄は昨夏を経験する吉田、齋藤、上杉(写真)らを中心に頂点をめざす

◆第46回全国高校選抜大会日程
<団体戦>
3月25日(日)9:30~ 1回戦~3回戦
男子≫松山市コミュニティーセンター体育館
女子≫愛媛県武道館
3月26日(月)9:30~ 準々決勝、準決勝、決勝
男女≫愛媛県武道館

◆前回結果
優勝:ふたば未来学園(福島)
準優勝:埼玉栄(埼玉)
3位:作新学院(栃木)
3位:九州国際大付(福岡)
ベスト8:柳井商工(山口)、青森山田(青森)、聖ウルスラ学院英智(宮城)、名古屋経済大市邨(愛知)

★ヨネックス『STB』プレゼントキャンペーン実施中!
応募方法などはこちら

文/バドミントン・マガジン編集部

投稿日:2018/03/24
■関連キーワード

                        

人気記事ランキング