【ト杯ユ杯】イングランドがトマス杯の出場を辞退…。香港が繰り上がり出場!

3月20日(火)、BWF(世界バドミントン連盟)は、世界国・地域別対抗戦トマス杯・ユーバー杯(5月20日〜27日/タイ・バンコク)の参加資格を得ていたイングランド男子の出場辞退を発表。香港が繰り上がりで出場することも、合わせて発表した。

イングランドは、トマス杯の予選を兼ねた2月のヨーロッパ団体選手権(ロシア)で準優勝の成績を残し、4大会連続となるト杯出場を決めていた。過去のト杯ではベスト4(1984年)の実績を残しているイングランドだが、昨年の男女混合団体戦スディルマン杯(5月・ゴールドコースト)でも、資金面の問題から出場を辞退。また、今年のユ杯に、繰り上がりでの出場も可能(スペインの辞退による)だった女子チームも参加を見送っている。

イングランドの辞退により、世界ランキングの合計ポイントで上位だった香港の出場が決定した。

トマス杯・ユーバー杯の予選組み合わせ抽選会は、3月22日に開催国のタイ・バンコクで行なわれる予定。

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2018/03/21
■関連キーワード

            

人気記事ランキング

閉じる