バトミントンTOP海外ニュースワールドツアー ≫ 【Super300】金子&米元が予選を突破!<ドイツOP>

【Super300】金子&米元が予選を突破!<ドイツOP>

3月6日に開幕したBWFワールドツアー・ドイツOP(Super300/ミュールハイム・アン・デア・ルール)。初日は各種目の予選、そして混合ダブルス1回戦が行なわれた。

日本からは混合ダブルスの予選に金子祐樹/米元小春、本戦1回戦に保木卓朗/松本麻佑が出場。台湾ペアと対戦した金子/米元は、ファイナル勝負にもつれた接戦を制して本戦に進出(7日実施)。一方、保木/松本は、オランダペアと最終ゲームまでもつれたが、最後は16-21で落として初戦敗退となった。

2日目は各種目の1回戦が行なわれ、多くの日本代表が登場する。初日の結果と1回戦の対戦カードは以下の通り。

【混合ダブルス】

▼予選1回戦

金子祐樹/米元小春②〔21−12、16−21、21−16〕1●楊明哲/宋碩芸(台湾)42分

▼本戦1回戦(6日)

保木卓朗/松本麻佑●1〔19−21、21−14、16−21〕②マッス/ファン・デル・アール(オランダ)50分

▼本戦1回戦(7日)

渡辺勇大/東野有紗 − 金子祐樹/米元小春

【男子シングルス】

桃田賢斗 − 王維子(台湾)

西本拳太 − 孫完虎(韓国)

常山幹太 − 李東根(韓国)

【女子シングルス】

川上紗恵奈 − ルイーゼ・ヘイム(ドイツ)

佐藤冴香 − ゴー・ジンウェイ(マレーシア)

大堀彩 − ミシェル・リー(カナダ)

奥原希望 − 張雁宜(香港)

山口茜 − ミア・ブリックフェルト(デンマーク)

【男子ダブルス】

園田啓悟/嘉村健士 − アルジュン/シュローク(インド)

井上拓斗/金子祐樹 − アレンズ/ジリー(オランダ)

保木卓朗/小林優吾 − アストルップ/ラスムセン(デンマーク)

遠藤大由/渡辺勇大 − ゴーVS/タンWK(マレーシア)

【女子ダブルス】

米元小春/田中志穂 − ボイエ/ルンガード(デンマーク)

福島由紀/廣田彩花 − サビツリー/パチャラプン(タイ)

松本麻佑/永原和可那 − 湯金華/于小含(中国)

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2018/03/07
■関連キーワード