バトミントンTOP海外ニュースワールドツアー ≫ 【Super500】坂井一将、奥原希望らがベスト8!<インドネシアマスターズ>

【Super500】坂井一将、奥原希望らがベスト8!<インドネシアマスターズ>

1月25日にBWFワールドツアー・インドネシアマスターズ(Super500/ジャカルタ)3日目は、各種目2回戦が行なわれた。

初日の結果はこちら/2日目の結果はこちら

男子シングルスで2回戦に進出した坂井一将は、昨年の世界王者ビクター・アクセルセン(デンマーク)と対戦。第1ゲームを22-20で制した坂井一将は、第2ゲームも先に11点を奪ったが、ここでアクセルセンが途中キケン。坂井が勝利を決め、準々決勝進出を決めた。

インドネシアマスターズ
坂井一将は相手の途中キケンにより準々決勝へ

女子シングルスは自身の復帰戦となった1回戦を白星で飾った奥原希望が、台湾選手と対戦した。第1ゲームを21-19で制した奥原は、続く第2ゲームも13オールから先に抜け出し、そのまま振り切って2連勝。ベスト8入りを果たした。

女子ダブルスは髙橋礼華/松友美佐紀が、第1ゲーム12本、第2ゲームも同じく12本に抑えて完封勝利。31分のスピード決着で準々決勝に勝ち進んでいる。

インドネシアマスターズ
2連勝でベスト8入りとなった奥原希望

日本選手の2回戦の結果、準々決勝の対戦カードは以下の通り。

【男子シングルス】

坂井一将○〔22−20、11−7、キケン〕●ビクター・アクセルセン(デンマーク)30分

▼準々決勝

坂井一将 − ラスムス・ゲンケ(デンマーク)

【女子シングルス】

奥原希望②〔21−19、21−18〕0●白馭珀(台湾)34分

▼準々決勝

奥原希望 − ラチャノック・インタノン(タイ)

【女子ダブルス】

髙橋礼華/松友美佐紀②〔21−12、21−12〕0●姜凱心/洪詩涵(台湾)31分

▼準々決勝

髙橋礼華/松友美佐紀 − 張藝娜/鄭景銀(韓国)

 

初日の結果はこちら/2日目の結果はこちら

◆2018年の大会日程はこちら

BWF:BWF主催大会

SUPER1000…SSプレミア相当

SUPER750…SSプレミア相当

SUPER500…SS相当

SUPER300…GPG相当

SUPER100…GP相当

IC…インターナショナルチャレンジ

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2018/01/25


閉じる