【全日本総合】「サービスまわりの攻防がよくなっている」(小林)<準決勝コメント-6>

12月2日に開催された第71回全日本総合選手権(東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館)5日目は、各種目準決勝が行なわれた。ここでは、注目選手・ペアのコメントを紹介しよう。

【男子ダブルス】

全日本総合保木卓朗(右)/小林優吾

(トナミ運輸)

結果:ライバルとしてしのぎを削る井上拓斗/金子祐樹(日本ユニシス)に2−0で勝利。

 

保木「1ゲーム目の序盤で自分たちがリードすることができて、後半もそのままでいけたのがよかったかなと思います。明日の相手はまだ決まっていませんが(この後に遠藤/渡辺に決定)、自分たちのプレーを出せれば必ず優勝できると思うので、自分たちのプレーをどんどん出していきたいと思います」

小林「相手はきれいなノーロブペアなので、そこをズラしながら戦いました。(昨年に比べて)自分たちのサービスまわりの攻防がよくなっていると、今日の試合で改めて実感しました。以前は場馴れしていなくて、プレッシャーをすごく感じて、自分のプレーがなかなか出せませんでした。でも、明日は自分のプレーが出せるように精一杯頑張りたいと思います」

全日本総合井上拓斗(右)/金子祐樹

(日本ユニシス)

井上「相手のほうがスタートから気持ちを全面に出してきて、自分たちのプレーが小さくなってしまいました。序盤だけでなく、試合を通してずっと相手に主導権を握られていたので、自分たちの攻めに持っていくのがすごく難しかったです。そのなかでも、2ゲーム目は少し開き直って、サービスまわりでやられないようにしましたが、自分たちの出す球のバリエーションが少なかったかなと。相手の気迫に引いてしまったというより、完全に、プレー面で負けていた。相手がうまかったです。優勝をめざしていましたが、来年優勝できるように、また頑張るだけかなと思います」

金子「サービスまわりで常に先手を取られてしまいました。こちらはラリーに持ち込みたいけど、主導権を握られているぶん、ラリーになる前に決めきられてしまった感じです。こちらは全部苦しまぎれの球になってしまいました。今回はこんな形で負けてしまいましたが、この1年間を考えれば、いままでで一番いい試合ができていたと思います。なので、この大会だけを引きずって、来年を迎えるのもよくないと思う。もちろん反省はしなければならないし、勝ちたい大会で勝てなかったのは力不足なのですが、今年残してきた結果に自信を持ちつつも、もっと大事なところでしっかり勝てるようにしていきたいと思います」

取材・構成/吉井信行、バドミントン・マガジン編集部

写真/井出秀人


投稿日:2017/12/03
■関連キーワード

   

人気記事ランキング