【インカレ】筑波大が団体4連覇を達成!<女子団体>

10月21日に開幕した第68回全日本学生選手権(愛知・一宮市総合体育館)は22日、大会2日目を迎えて男女団体戦の準決勝と決勝が行なわれた。ここでは女子の模様をダイジェストでお伝えしよう。

 【女子ダイジェスト】

女子の団体戦は、大会3連覇中の筑波大が圧倒的な強さを見せた。準決勝で明治大と対戦した筑波大は、第1シングルスの安田美空、第2シングルスの香山未帆がともにファイナルまでもつれながらも競り勝ち、シングルス2本で2−0とリードを奪った。すると、第1ダブルスではエースの加藤美幸/柏原みきが明治大の上杉夏美/小原凜々子に11本、20本でストレート勝ちして決勝へ。

加藤(左)/柏原
加藤(左)/柏原

準決勝もう一試合は、龍谷大と早稲田大が対戦。龍谷大は、第1シングルスこそ嶺井優希が早稲田大の中西貴映にストレート負けを喫したが、続く第2シングルスの森みず穂が白星をつかんで1−1のタイに戻すと、ダブルスの牟田香菜子/山藤千彩と毛利未佳/野田千遥の2本で逆転勝ちを収めて決勝進出を決めた。

筑波大と龍谷大による決勝戦。ここでも強さを見せつけたのは筑波大だった。筑波大は準決勝と同じく、第1シングルスの2年生・安田と、第2シングルスの1年生・香山がファイナルまでもつれるものの、最後はしっかりと接戦を制す。これで2−0とリードした筑波大は、満を持してエース・加藤/柏原が第1ダブルスに出場。加藤/柏原はチームが作り出したよい流れを受け止め、牟田/山藤を11本、14本で勝利。筑波大が大会4連覇を達成した。

嶺井
嶺井

<優勝校主将コメント>

筑波大・柏原みき

「すごく嬉しい気持ちです。グッと締め付けられていたものから解放された感じですかね。勝因はみんなが本当にがんばったこと。レギュラーメンバーはたくさんのプレッシャーを感じていたと思うんですけど、私たちが最高のパフォーマンスを出すためのサポートをしてくれたのはレギュラー以外の子たち。だから、本当にみんなに感謝しています」

4連覇を飾った筑波大
4連覇を飾った筑波大

▼決勝

筑波大 3−0 龍谷大

安田美空②〔9−21、21−16、21−17〕1●嶺井優希

香山未帆②〔21−16、18−21、25−23〕1●森みず穂

加藤美幸/柏原みき②〔21−11、21−14〕0●牟田香菜子/山藤千彩

▼準決勝

筑波大 3−0 明治大

龍谷大 3−1 早稲田大

 

取材・文/吉井信行

投稿日:2017/10/23
■関連キーワード

   

人気記事ランキング