【世界選手権】孫完虎、林丹、スリカンスらが初戦突破!<初日ダイジェスト>

8月21日に開幕した第23回世界選手権(スコットランド・グラスゴー)初日は、各種目1回戦が行なわれた。

林丹(中国)

大会初日は男子シングルスのシード選手らが登場。第1シードの孫完虎(韓国)は、フィンランド選手に2−0のストレートで勝利を飾った。直近のスーパーシリーズ(インドネシアOP、オーストラリアOP)で2優勝を飾っているインドのスリカンス・キダムビも、ロシア選手をストレートで圧倒し2回戦に進出。第7シードの林丹(中国/上写真)も、地元スコットランド選手を15本、10本に抑え、なんなく1回戦を突破している。

 

世界選手権

このほか、石宇奇(中国)、タノンサック・サンソンブンス(タイ)、アンダース・アントンセン(デンマーク)などが2回戦に進出。また、トミー・スギアルト(インドネシア/上写真)と胡贇(香港)のベテラン対決は、トミーに軍配があがった。

男子ダブルスでは、2015年大会で男子ダブルス優勝を果たしたモハマド・アッサン(インドネシア)が、サプトロとのペアで白星をつかんでいる。

 

22日も各種目の1回戦が行なわれる。

 

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

 

※お詫びと訂正/トミー・スギアルトの対戦相手に誤りがありました。スギアルトの対戦相手は胡贇(香港)です。お詫びして訂正したします。
投稿日:2017/08/22
■関連キーワード

         

人気記事ランキング