【山形IH2017】ふたば未来学園が激闘を制して連覇達成!<女子団体>

7月31日に開催された山形インターハイ(鶴岡市小真木原総合体育館)は大会2日目を迎え、男女ともに団体戦の準々決勝から決勝までが行なわれた。女子は、春の王者・ふたば未来学園(福島)が死闘を制して2年連続の頂点に立っている。ここでは女子のダイジェストをお伝えしよう。

山形IH2017
2年連続4度目となる栄冠を獲得したふたば未来学園。大会連覇とともに選抜との春夏連覇も達成した

 

【女子ダイジェスト】

31日の最初の試合に組まれた女子の準々決勝。接戦を制してベスト4へと勝ち進んだのは、ふたば未来学園(福島)、柳井商工(山口)、青森山田(青森)、埼玉栄(埼玉)の4チーム。そして、この準決勝がともに大激戦となる。ふたば未来学園vs柳井商工、青森山田vs埼玉栄のどちらの試合も、第3シングルスまでもつれた結果、ふたば未来学園は髙橋明日香が、青森山田は森沙耶が勝ちきって決勝進出を決めた。

 

決勝戦は第1・2ダブルスと第1シングルスが3面展開で同時にスタート。この3試合のうち、ふたば未来学園は第1ダブルスの永井瀬雰/水井ひらりと、第1シングルスの内山智尋が勝利を収め、2−1とリードして折り返す。しかし、続く第2シングルスでは、準決勝から続く疲労もあり、ふたば未来学園の水井ひらりが足のケイレンで途中棄権。これでスコアは2−2となり、勝負は第3シングルス、髙橋明日香と森沙耶という両チームの主将同士の対決にゆだねられた。

この大一番で自力に勝ったのは髙橋だった。髙橋は第1ゲームこそ落としたものの、第2ゲームを21-16で奪い返すと、ファイナルでは9−11のビハインドから連続得点で一気に森を突き放した。結局、髙橋が21−14でファイナル勝負を制して、ふたば未来学園は2年連続となる4度目の栄冠を獲得した。

ベスト4に残ったチームのどこが抜けてもおかしくなかった今年の女子団体。そんな中でふたば未来学園がチーム力で勝ち抜き、見事に頂点に立った。

山形IH2017
ふたば未来学園の永井瀬雰(左)/水井ひらりは決勝戦の第1ダブルスで勝利。優勝へ向けて大きな勢いをつけた
山形IH2017
選抜のダブルス王者・森沙耶(右)/石村亜美は、決勝戦でも勝利を挙げるなど、チームを牽引し続けた
山形IH2017
選抜では8強に終わった青森山田だが、夏への強化が実って見事の準優勝

 

【優勝コメント】

星大智監督

「準決勝で水井が踏ん張ってくれたおかげで決勝へ行けて、決勝でもすばらしい試合をしてくれたので、それがチームの勢いになったと思います。また、スタンドからは保護者やチームメイトたちが一緒に戦っているようで、それが大きな力になったと思います」

 

髙橋明日香主将

「チームとして優勝するのが目標だったので、まずは優勝できたことはうれしかったし、準決勝からきつい試合が多かったんですけど、そこを一人ひとりが乗り越えて勝てたことが一番大きかったです」

山形IH2017
髙橋明日香はふたば未来学園の主将として、重圧をはねのけて優勝を決める勝利をあげた

 

▼準々決勝
ふたば未来学園(福島) 3-1 英明(香川)
柳井商工(山口) 3-2 聖ウルスラ学院英智(宮城)
青森山田(青森) 3-1 九州国際大付(福岡)
埼玉栄(埼玉) 3-1 日本ウェルネス(西東京)

▼準決勝
ふたば未来学園 3―2 柳井商工
青森山田 3―2 埼玉栄

 
▼決勝
ふたば未来学園 3-2 青森山田
永井瀬雰/水井ひらり 2-1 木村早希/大石悠生
髙橋明日香/由良なぎさ 0-2 森 沙耶/石村亜美
内山智尋 2-0 菊池さやか
水井ひらり キケン(※) 森 優紗
髙橋明日香 2-1 森 沙耶

※第1ゲームを森が取ったあと、水井が途中棄権

 

取材・文/吉井信行


投稿日:2017/08/01
■関連キーワード

            

人気記事ランキング