【若葉カップ】岡垣ジュニアが10年ぶり2度目の優勝!<男子>

7月28日から31日まで、第33回若葉カップ(京都・長岡京市)が開催された。小学生クラブチームの日本一を決めるこの大会は、2ダブルス3シングルスの結果で勝敗を決める。試合は6年生シングルス→4年生シングルス→5年生ダブルス→6年生ダブルス→5年生シングルスの順に行なわれ、予選リーグを勝ち抜いたチームが決勝トーナメントに進出して優勝を争う。

男子の部は、岡垣ジュニア(福岡)が地元京都の長岡京市スポ少を決勝で破り、2007年以来10年ぶり2度目の栄冠を獲得した。

若葉カップ
優勝:岡垣ジュニア(福岡)
若葉カップ
準優勝:長岡京市スポ少(京都)

男子決勝トーナメントの結果は以下の通り。

 

▼1回戦

大野ジュニア(福井)3−1 三条クラークJr(神奈川)

宝木塚Jr.(東京) 3−0 大井沢スポ少(茨城)

岡垣ジュニア(福岡) 3−0 西神ジュニア(兵庫)

はりーあっぷ(愛知) 3−1 美川湊Jr(石川)

PEACE(岡山) 3−1 T-Jump(愛知)

Dream.Jr(福井) 3−1 たなしMAX(東京)

長岡京市スポ少(京都) 3−1 志木ジュニア(埼玉)

ハルトノクラブ(茨城) 3−2 小俣スポ少(三重)

 

▼準々決勝

大野ジュニア 3−0 宝木塚Jr.

岡垣ジュニア 3−0 はりーあっぷ

Dream.Jr 4−1 PEACE

長岡京市スポ少 3−1 ハルトノクラブ

 

▼準決勝

岡垣ジュニア 3−2 大野ジュニア

長岡京市スポ少 3−2 Dream.Jr

 

▼決勝

岡垣ジュニア 3−0 長岡京市スポ少

 

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2017/07/31
■関連キーワード

   

人気記事ランキング