【GP】若手日本選手が北米の地で大活躍!<カナダOP>

7月11日から16日にまで、カナダOP(カルガリー・GP)が行なわれた。

日本の若手選手らが多数出場したこの大会で、日本選手は男子シングルスの常山幹太、女子シングルスの川上紗恵奈、女子ダブルスの松本麻佑/永原和可那が優勝。3種目制覇を成し遂げている。また、男子シングルスの桃田賢斗、女子ダブルスの篠谷菜留/星千智も決勝の舞台に立ち、敗れはしたものの準優勝の好成績を残している。

日本選手の結果は以下の通り。

 

【男子シングルス】

常山幹太…優勝!

桃田賢斗…準優勝!

西本拳太…ベスト4!

渡邉航貴…ベスト8

坂井一将…1回戦敗退

下農走…1回戦敗退

 

【女子シングルス】

川上紗恵奈…優勝!

髙橋沙也加…ベスト4!

鈴木温子…ベスト8

大堀彩…ベスト8

橋本由衣…2回戦進出

川島里羅…予選2回戦敗退

 

 

【男子ダブルス】

井上拓斗/金子祐樹…ベスト8

渡邊達哉/権藤公平…1回戦敗退

小野寺雅之/岡村洋輝…1回戦敗退

 

【女子ダブルス】

松本麻佑/永原和可那…優勝!

篠谷菜留/星千智…準優勝!

新玉美郷/渡邉あかね…ベスト4!

尾﨑沙織/川島里羅…ベスト8

中西貴映/東野有紗…ベスト8

加藤美幸/柏原みき…1回戦敗退

 

【混合ダブルス】

権藤公平/永原和可那…ベスト4!

 

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2017/07/18
■関連キーワード

         

人気記事ランキング