【大会情報】第3シードの日本は強豪・タイと同組に!<アジア混合団体>

2月14日〜19日にベトナム・ホーチミンで開催される『アジア混合団体選手権』の予選組み合わせ抽選会が、2月2日にベトナムで行なわれた。

抽選の結果、各グループステージの組み合わせは以下の通り。

A組 中国、台湾、香港

B組 マレーシア、インドネシア、スリランカ

C組 日本、タイ、ベトナム、フィリピン

D組 韓国、インド、シンガポール

 

アジアから13カ国が出場する男女混成の団体戦は、男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの5種目で勝敗を決めるスディルマン杯方式で行なわれ、予選のグループステージ(3〜4チーム)の上位2チームが、決勝トーナメントに進みアジアの頂点をかけて争う。

中国、韓国に次ぐ第3シードの日本はC組に入り、タイ、ベトナム、フィリピンの3チームとの対戦が決定した。第6シードのタイは、女子シングルスに世界ランク5位のラチャノック・インタノン、男子シングルスには昨年のデンマークOPを制したタノンサック・サエンソムブーンスクなどを擁するチーム。予選リーグでは日本のライバル国となりそうだ。

上位入賞をねらう日本は、S/Jリーグ最終戦(2月12日/東京・代々木第二体育館)の翌日にはベトナムへ移動。激戦を終えた直後の移動となる選手も出てくるため、コンディション調整が今大会を勝ち抜くポイントとなる。

日本は2年前の2015年、本大会でもあるスディルマン杯で初めて決勝に進出し、準優勝の好成績をおさめた。今回は厳しい日程との戦いもあるが、なんとか乗り越えてアジア王者をねらいたい。

 

◆日本選手団

<監督・コーチ>

監督:朴柱奉

コーチ:中島慶、リオニー・マイナキー、崔相範、中西洋介

<選手>

西本拳太

坂井一将

園田啓悟/嘉村健士

遠藤大由/渡辺勇大

保木卓朗

数野健太

山口茜

佐藤冴香

髙橋礼華/松友美佐紀

米元小春/田中志穂

栗原文音

東野有紗

※選手とコーチ陣のみ紹介


投稿日:2017/02/03
■関連キーワード

人気記事ランキング