【海外情報】藤井瑞希が混合ダブルスで勝利!<英国リーグ>

1月30日に『イギリスナショナルリーグ』第5節が行なわれ、ロンドン五輪女子ダブルス銀メダリストの藤井瑞希が、所属チームのBristol Jetsから女子ダブルス・混合ダブルスに出場した。 第3節の結果は こちら

藤井瑞希

藤井が参戦しているイギリスのナショナルリーグは、男女混成の7チームでイギリスNo.1を決める大会。大会方式は7チーム総当りのリーグ戦を行ない、上位3チームが2月に開催されるプレーオフに進出する。

試合は男女シングルス・ダブルス、混合ダブルスの5種目の団体戦(スディルマン方式)で、スコアは9点5ゲーム制の特別ルールで勝敗を競う。前回23日に行なわれたリーグ戦(LOUGHBOROUGH LIGHTNING戦)で女子ダブルス、混合ダブルスに出場した藤井は、両種目で勝利をつかみ自身の初勝利を飾っていた(チームは2−3で敗戦)。

5戦目となった今回はチームの勝利もめざした藤井は、地元ホームでリーグ4位のUNIVERSITY OF NOTTINGHAM と対戦した。女子ダブルスは2−3で惜敗したものの、混合ダブルスを3−0のストレートで勝利。しかし、チームは1−4で敗れてリーグ戦5連敗の結果に終わっている。

次戦は2月6日(月)に同リーグ最終節が行なわれる。藤井が所属するBristol Jetsは、リーグ戦6位で、イングランド代表のクリス・ラングリッジ、G・アドコックを擁するSURREY SMASHERSと対戦。最終戦でリーグ戦初勝利をつかみにいく。

 

藤井瑞希コメント

「今回はホームでの試合だったので、アウエーよりも会場の雰囲気が温かく、プレーヤーにとってベストな環境で試合をさせてもらいました。女子ダブルスではシャトルがいつもより飛ぶなか、微妙なコントロールミスが大切な場面で出てしまったことが負けにつながったと思います。

ミックスは本業ではないため、一生懸命返すことに専念して、勝つことができたのでうれしかったです。次がリーグ最終節になります。今季はチームが1勝もしていないので、最後は勝って終われるように、よい準備をしたいと思います」


投稿日:2017/01/31
■関連キーワード

人気記事ランキング