【GPG】大堀彩、松本&永原が決勝に進出!<タイOP>

10月8日に開催されたタイOP(バンコク・GPG)5日目は、各種目準決勝が行なわれた。日本からは男女シングルス、男女ダブルスの4種目で勝ち残った選手が決勝の切符をかけて争った。

男子シングルスは西本拳太がタイのエース格の選手と対戦。第1ゲーム19−21までねばった西本だったが、第2ゲームは16−21で敗れ決勝進出はならず。女子シングルスは大堀彩が世界ランク18位のタイ選手と激突し、第1ゲームを12本で先制。しかし、第2ゲームは相手に奪われファイナル勝負にもつれこんだ。すると、序盤でリードを奪ったのは大堀。連続得点で差を広げると、そのリードを守って勝利。決勝進出を決めている。

男子ダブルスは井上拓斗/金子祐樹が、インドネシアペアとの接戦を切り抜けて白星を奪取。女子ダブルスでは松本麻佑/永原和可那がタイのペアを振り切り、今年のUSオープン準優勝以来の決勝進出を果たした。もう1組の加藤美幸/柏原みきは、タイの1番手ペアにストレートで敗れ4強に終わっている。

準決勝の結果は以下の通り。

 

【男子シングルス】

ソニー・ドゥイ・クンチョロ(インドネシア)②〔19−21、21−16、21−17〕1●李卓耀(香港)61分

タノンサック・サエソンボーンスク②〔21−19、21−16〕0●西本拳太46分

 

【女子シングルス】

ブサナン・オングブンルングパン(タイ)②〔22−20、21−13〕0●ゴー・ジンウェイ(マレーシア)49分

大堀彩②〔21−12、12−21、21−13〕1●ニチャオン・ジンダポル(タイ)65分

 

【男子ダブルス】

井上拓斗/金子祐樹②〔21−19、24−22〕0●アルフィアン/アルディアント(インドネシア)43分

アングリアワン/サプトロ②〔21−17、21−18〕0●リムKW/オンJG(マレーシア)38分

 

【女子ダブルス】

サプシリー/プッティタ(タイ)②〔21−14、21−13〕0●加藤美幸/柏原みき44分

松本麻佑/永原和可那②〔21−19、21−17〕0●ジョングオルファン/ラウィンダ(タイ)47分

 

【混合ダブルス】

タンMK/ライPJ(マレーシア)②〔22−24、21−17、21−14〕1●プアバラヌクロ/サプシリー(タイ)69分

鄧俊文/謝影雪(香港)②〔18−21、21−13、21−15〕1●スパ/プッティタ(タイ)51分


投稿日:2016/10/08
■関連キーワード

   

人気記事ランキング