【YOJ】「自分たちのプレーがしっかりできた」高橋 <準々決勝・選手コメント−1>

9月23日にヨネックスオープンジャパン2016(東京体育館)4日目が行なわれた。ここでは、準々決勝を戦った選手たちのコメントを紹介しよう。

 

ヨネックスOP

髙橋礼華/松友美佐紀(タイの格下ペアに2-0で勝利)

髙橋「昨日は久しぶりの試合だったので、朝起きたときに“体が痛いな”というのが正直ありました。しっかり動けるのかな? という不安はありましたが、試合に入れば自分たちのプレーがしっかりできたことがよかったと思います。今日、デンマークペア(リターユール/ペデルセン)が逆転勝ちしたように、強いペアはどんな試合になっても勝つと思うので、悪い流れが来ても最後まであきらめずにやりたいです」

松友「昨日よりいい試合ができたと思います。昨年はこの大会で1回戦負けをしてライトアップ(間接照明)を体験できなかったので、今日はそのコートで試合ができてうれしかったです。明日は勝ち負けというよりも、自分たちのプレーがしっかりできるように頑張りたいと思います」

 

 ヨネックスOP 

山口茜(奥原希望に2−0で勝利)

「率直に初めて勝てたのでうれしいです。内容としてはオリンピックの時は全力でいってしまってバテてしまったので、攻めるところとラリーするところのメリハリをつけて試合をしようと意識しました。(準決勝については)長身の選手なので、球を出す高さに気をつけていきたいし、直近の試合でも負けていると思うので、思い切ってやっていきたいと思います」

 

大堀彩(峰歩美に2-1で勝利)

「YOJは憧れの舞台なので、今日も勝ててすごくうれしいです。1ゲーム目は風をつかめずに取られてしまったんですが、2ゲーム目から早めに修正できたことが一つの勝因。今大会はシード選手が棄権したりして、すごくチャンスがあると思いますし、そのチャンスをモノにできたのは自信になります。明日も自分の納得のいくプレーをすることだけを考えてやりたいです」

 

ヨネックスOP

奥原希望(山口茜に2-0で敗戦)

「これがいまの実力かなと思います。今大会はオリンピックから全然期間がなくて、気持ちの部分もプレーの部分も備えることはすごく厳しかったです。(YOJは)日本のファンの皆さんの前でプレーできるスーパーシリーズの唯一の舞台。そして、初めてSSを優勝した特別な大会でもあるので、自分のなかでは、ファンの皆さんのためにやりたいと思って挑みました。でも、力不足でした。茜ちゃんは、東京五輪に向けてずっと切磋琢磨していくよきライバル。今回で区切りがつくので、東京オリンピックに向けてこれからまた頑張りたいと思います」


投稿日:2016/09/23
■関連キーワード

人気記事ランキング