【SSP】男子シングルスは林丹が6度目のV達成! 歴代3位タイに並ぶ 全英OP

3月13日に開催された全英OP(バーミンガム・SSP)最終日は、各種目決勝戦が行なわれた。

日本は女子シングルスの奥原希望、女子ダブルスの髙橋礼華/松友美佐紀、男子ダブルスの早川賢一/遠藤大由が決勝に進出。それぞれ全英初優勝をめざしてコートに立つと、第2試合に登場した女子ダブルスの髙橋/松友が、中国ペアをストレートで下し優勝。さらには、奥原が同じく中国の王適嫻を破って頂点に立った。3種目制覇をねらった日本勢だったが、早川/遠藤はファイナル勝負の接戦に敗れ、惜しくも準優勝となっている。

男子シングルスは、中国の林丹が4年ぶり6回目の優勝を手にした。この勝利により、林丹は全英の優勝回数で歴代3位タイとしている。また、混合ダブルスはインドネシアのヨルダン/スサントが、デンマークの強豪ペアを退けて初制覇を遂げた。

決勝の結果は以下の通り。

 

【男子シングルス】

林丹(中国)②〔21−9、21−10〕0●田厚威(中国)45分

48020160313_1251_AllEngland2016_BP__2074

 

【女子シングルス】

奥原希望②〔21−11、16−21、21−19〕1●99分

奥原希望
奥原希望

 

【男子ダブルス】

イワノフ/ソゾノフ(ロシア)②〔21−23、21−18、21−18〕1●早川賢一/遠藤大由71分

イワノフ(右)/ソゾノフ(ロシア)
イワノフ(右)/ソゾノフ(ロシア)

 

【女子ダブルス】

髙橋礼華/松友美佐紀②〔21−10、21−12〕0●於洋/唐淵渟(中国)47分

髙橋礼華/松友美佐紀(右)
髙橋礼華/松友美佐紀(右)

 

【混合ダブルス】

ヨルダン/スサント(インドネシア)②〔21−12、21−17〕0ニールセン/ペデルセン(デンマーク)●43分

ヨルダン(左)/スサント(インドネシア)
ヨルダン(左)/スサント(インドネシア)

 


投稿日:2016/03/14
■関連キーワード

   

人気記事ランキング

閉じる