【日本リーグ】最終日男子結果&勝敗表 <東京大会>

2月14日に開催された国内最高峰のリーグ戦『日本リーグ2015』最終日・男子の部は、日本ユニシスの2年ぶり6回目の優勝を決めた。昨年10月31日に開幕し、年をまたいでのロング開催となった今季のリーグ戦。上位のチームはリオデジャネイロ五輪に向けた五輪レースのため、日本代表の主力選手を海外遠征で欠いたりもしたが、苦しい状況をチームの総合力で乗り切り、勝ち星をつかんでいた。

なお、来季の開幕戦は11月5・6日、最終戦は2017年の2月11・12日を予定している。

最終戦の男子結果は以下の通り。

 

■日本リーグ2015男子勝敗表

■日本リーグ2015男子勝敗表

▼男子

日本ユニシス[7勝0敗] 3−0 金沢学院クラブ[1勝6敗]

早川賢一/遠藤大由②〔21−11、21−14〕0●伊東克範/小林晃

坂井一将②〔21−15、21−12〕0●星野健太朗

井上拓斗/金子祐樹②〔21−6、21−9〕0●松井夏希/神田遼

日本ユニシスの早川(右)/遠藤は相手を寄せ付けないプレーで勝利
日本ユニシスの早川(右)/遠藤は相手を寄せ付けないプレーで勝利

 

トナミ運輸[5勝2敗] 2−1 NTT東日本[5勝2敗]

園田啓悟/嘉村健士②〔21−10、21−18〕0●小松﨑佑也/齋藤太一

武下利一●1〔21−6、12−21、16−21〕②桃田賢斗

保木卓朗/小林優吾②〔21−18、21−12〕0●星野翔平/古賀輝

トナミ運輸の保木/小林は第2ダブルスで勝利しチームの白星に貢献
トナミ運輸の保木/小林(手前)は第2ダブルスで勝利しチームの白星に貢献
1ゲームを奪われたNTT東日本・桃田賢斗は、2・3デームで調子を取り戻して逆転勝利
1ゲームを奪われたNTT東日本・桃田賢斗は、2・3ゲームで調子を取り戻し逆転勝利

 

 

トリッキーパンダース[4勝3敗] 3−0 JR北海道[3勝4敗]

リャオ・ミンチュン/井谷和弥②〔12−21、21−19、21−17〕1●牧野公亮/渡部大

福田春樹②〔21−16、21−18〕0●渡邉一磨

米田健司/高階知也②〔28−26、21−14〕0●東野圭悟/榊大史

 

日立情報通信エンジニアリング[3勝4敗] 2−1 東北マークス[0勝7敗]

山村駿介/塚本好喜●0〔18−21、19−21〕②鈴木大裕/藤巻嵩寛

松川直弘②〔24−22、21−18〕0●堀川善生

大嶋一彰/山﨑裕太②〔21−18、21−18〕0●大田圭祐/岡本拓磨

 


投稿日:2016/02/14
■関連キーワード

人気記事ランキング