「総合は優勝よりも負けたくない気持ちがある」髙橋 全日本総合3日目 注目選手コメント〜3

全日本総合(東京・代々木第二体育館)3日目は、各種目2回戦が行なわれた。ここでは、ダブルス各種目に出場した選手のコメントを紹介しよう。

 

全日本総合

渡辺勇大(左)/三橋健也(富岡高)

【古賀輝/齋藤太一(早稲田大)に2-0で勝利】

渡辺「(ベスト8の)第一目標はクリアしたので、ここからはもっとチャレンジして、のびのびプレーして、一つひとつ勝っていきたいです。今日は1ゲーム目の後半から最後まで、上から上からというスタイルで行けました。2ゲーム目、相手はシャトルが飛ぶコートだったので、シンプルに沈めて相手に上げさせて、アウト(ミス)をねらっていきました。また気を引き締めてやっていきたいです」

三橋「勝てたことは素直にうれしいです。1ゲーム目を取れたことが大きいのと、サービスまわりは相手より上回っていたと思います。明日も頑張ります」

 

 

保木卓朗/小林優吾(トナミ運輸)

【竹内義憲/島田大輝(ヨネックス)に2-0で勝利】

保木「とりあえずホッとしています。自分たちの持ち味であるノーロブに近い、速い展開をしっかり出せた。2ゲーム目でリードして追い上げられましたが、序盤に大きくリードできたので気持ち的には楽にできましたね。今大会の目標は優勝です!」

小林「少しずつ調子を上げて行きたいのですが、まだ自分たちの100%の力を出せていないので、チグハグな部分があります。でも、明日(準々決勝)は第2シードの数野/山田ペアが相手なので、もちろん100%の力で戦いたい。食らいついて行きたいです」

 

早川賢一/遠藤大由(日本ユニシス)

【宇野友規/西川裕次郎(法政大)に2−0で勝利】

早川「やはり緊張しましたが、いいパフォーマンスができました。準々決勝では高校生ペアとの対戦ですが、変にプレーを変えることなく、スーパーシリーズの2回戦や準々決勝を戦うつもりでやりたい。これから帰って遠藤とビデオを見て研究して、対策を立てたいと思います」※コメントは早川のみ

 

■女子ダブルス

全日本総合

髙橋礼華(左)/松友美佐紀(日本ユニシス)

【村山祐美/浦谷夏未(北都銀行)に2-0で勝利】

髙橋「緊張しないわけじゃないですが、2回戦は以前に苦戦した強い相手だったので、戸惑うかもと思いました。相手は強いんだという気持ちで入れたこと、自分たちがやりたいことを松友と話して、トップ&バックのときも守るときも、下がらず前に前にと行けたのがよかったです。ただ、ネット勝負でもっと前にいかないと世界では厳しいし、今日のようなプレーを日本人相手にできても、世界では逆にやられてしまうのが課題です。全日本総合は『優勝したい』というより、『負けたくない』気持ちがある。一戦一戦、その気持ちでやることが、来週のスーパーシリーズファイナルにもつながると思っています」

松友「今日が初めての試合で、入り方を大事にしていました。いいプレーができたと思います。いろいろ試しながら試合をしていきたいです」

 

■混合ダブルス

全日本総合

渡辺勇大/東野有紗(富岡高/日本ユニシス)

【齋藤太一/島田きらら(早稲田大)に2-0で勝利】

東野「勇大くんは3試合目でキツいのに私が決めきれなくて、迷惑をかけてしまいました。明日はもっと決めたいです。ペア練習は大会前に30分ぐらいですが、試合を重ねるとどんどんよくなっています」

渡辺「体がキツくて集中力が上がらない中で勝ちきれたのは、力が上がってきたのだと思います。ペアとしての練習時間は少ないけど、お互い速い展開が好きで、最後まであきらめないプレーをするところが合っているんです。先輩だけど友だち感覚で話し合えるし、これからもずっと一緒に、50歳ぐらいまでやれたらいいなと思います。今回は優勝しに来ています。といっても、頭の片隅に静かな闘志を燃やす感じです。ここからも、一つひとつやっていきたいです」

 

全日本総合

早川賢一/松友美佐紀(日本ユニシス)

【権藤公平(トナミ運輸)/廣田彩花(再春館製薬所)に2-0で勝利】

早川「今日も勝ててよかったです。ミックスでは、松友美佐紀が前で決めてくれるのがベストなので、松友が動きやすいようにプレーすることを意識しています」

松友「とりあえず勝ててよかったという気持ちです。私は女子ダブルスでもガンガン仕掛けているのですが、ミックスでも同じ。女子同士の前での対決で絶対負けないように心がけています」

 


投稿日:2015/12/04
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング