少年女子は福井県が初優勝! わかやま国体 上位結果

10月2日から5日まで、『2015紀の国わかやま国体』バドミントン競技の部が、和歌山県岩出市民総合体育館で行なわれた。日本B代表選手なども多く参戦した今回の国体では、成年男子で福島が20年ぶりの優勝を飾ったほか、成年女子は熊本が2年連続V達成。少年男子は福島が4年ぶり、少年女子は日本代表の山口茜を擁した福井が初の栄冠を手にしている。

 

上位結果は以下の通り。

 

【成年男子】

▼準々決勝

福 島 2−0 石 川

宮 城 2−0 山 口

埼 玉 2−1 東 京

熊 本 2−1 京 都

 

▼準決勝

福 島 2−0 宮 城

齋藤/松居 2−1 堀川/鈴木

内 藤   2−0 大 田

 

埼 玉 2−1 熊 本

松丸/古賀 2−1 権藤/藤

堀 内   0−2 宮 本

古 賀   2−0  藤

 

▼決勝

福 島 2−0 埼 玉

齋藤/松居 2−1 松丸/古賀

内 藤   2−1 堀 内

※福島は20年ぶり2度目の優勝

▼3位決定戦

宮 城 2−0 熊 本

堀川/鈴木 2−1 権藤/藤

堀 川   2−0 宮本

優勝ポイントをつかんだ内藤浩司
優勝ポイントをつかんだ内藤浩司(福島)

 

【成年女子】

▼準々決勝

熊 本 2−0 北海道

福 島 2−0 宮 城

東 京 2−1 石 川

秋 田 2−0 兵 庫

▼準決勝

熊 本 2−1 福 島

福島/廣田 2−1 早田/東野

伊 藤   0−2 大堀

廣 田   2−0 早田

 

秋 田 2−1 東 京

米元/田中 2−0 鈴木/仲井

楠 瀬   1−2 鈴 木

田 中   2−1 土 井

 

▼決勝

熊 本 2−0 秋 田

福島/廣田 2−0 米元/田中

伊 東   2−1 楠瀬

※熊本は2年連続4度目の優勝

シングルスの軸を担った熊本の伊東可奈。優勝を決め今井彰宏監督と握手
シングルスの軸を担った熊本の伊東可奈。優勝を決め今井彰宏監督と握手

 

▼3位決定戦

東 京 2−1 福 島

土井/鈴木 2−0 早田/東野

鈴 木   0−2 大堀

仲 井   2−0 東野

 

【少年男子】

▼準々決勝

愛 媛 2−1 愛 知

岡 山 2−1 山 口

福 島 2−1 宮 城

埼 玉 2−0 石 川

 

▼準決勝

岡 山 2−0 愛 媛

奥山/山下 2−0 田中/西野

山 下   2−1 中川

 

福 島 2−1 埼 玉

渡辺/三橋 0−2 小川/森岡

三 橋   2−1 渡邉

渡 辺   2−0 小川

 

▼決勝

福 島 2−0 岡 山

渡辺/三橋 2−0 奥山/山下

渡 辺   2−0 山下

※福島は4年ぶり2度目の優勝

IHチャンピオンの渡辺勇大/三橋健也が主軸として福島の4年ぶりの優勝に貢献
IHチャンピオンの渡辺勇大/三橋健也が主軸として福島の4年ぶりの優勝に貢献

▼3位決定戦

埼 玉 2−1 愛 媛

小川/森岡 2−0 田中/西野

渡 邉   1−2 西 野

小 川   2−1 中 川

 

 

【少年女子】

▼準々決勝

福 井 2−1 福 島

千 葉 2−1 福 岡

埼 玉 2−0 山 口

熊 本 2−1 青 森

 

▼準決勝

福 井 2−1 千 葉

山口/鈴木 2−0 荒木/小沼

西 江   0−2 岡 部

山 口   2−1 荒 木

 

埼 玉 2−0 熊 本

高畑/川島 2−0 樋口/泉

齋 藤   2−0 落司

 

▼決勝

福 井 2−1 埼 玉

山口/鈴木 2−0 高畑/川島

西 江   0−2 齋藤

山 口   2−0 川島

※福井は初優勝

念願だった団体での全校制覇を遂げた山口茜。福井に国体初Vをもたらした
念願だった団体での全国制覇を遂げた山口茜。福井に国体初Vをもたらした

▼3位決定戦

千 葉 2−0 熊 本

荒木/小沼 2−0 樋口/泉

岡 部   2−1 落司

 


投稿日:2015/10/05
■関連キーワード

   

人気記事ランキング

閉じる