日本ランキングサーキット 選手コメント

5月19日に日本ランキングサーキット4日目が開催された。

ここでは、決勝に進出した選手たちの意気込みを紹介しよう。

 

■男子シングルス

西本拳太(中央大)

「決勝の坂井選手とは、過去2戦ともファイナルで敗れています。でも、決勝は自分をアピールできる場なので、がめつく、食らいついていきたい。内容にこだわりすぎずに、とにかく勝ちたいという思いが強いです」

 

■男子ダブルス

古賀輝(早稲田大)

「ランサーでベスト4は初めて。決勝の相手となる保木/小林は、将来を考えても、戦っていくことになる相手。年下に負けられない、という思いがあります」

齋藤太一(早稲田大)

「相手は高校の後輩で、去年のYOJ予選で僕らが負けている。そのリベンジの気持ちを含めて、しっかり勝てるように頑張ります」

 

■女子ダブルス

米元小春(北都銀行)

「女子ダブルスはナショナルBが2組出場しているので、決勝までは行かないと、と思っていました。決勝は4月のニュージーランドOPで負けた相手なので、向かって行くだけ。ガマンの勝負になると思いますが、優勝をめざして頑張ります」

福島由紀(再春館製薬所)

「お互いに手の内はわかっているので、廣田と2人で力を合わせてやっていくしかないです。新チームとなって、誰が最初にタイトルを獲るかという話になったとき、『自分が獲ります!』といいました。勝ちたい思いは誰よりも強いし、最近はあと少しのところで優勝できていないので、今回こそ! と思っています」

 

■混合ダブルス

渡辺勇大(富岡高)

「ここまでは、疲れていても息を合わせながら、”2人で”というふうにプレーができています。ここまできたら、もちろん優勝をねらいます!」

 


投稿日:2015/05/19

人気記事ランキング