日本選手は優勝を逃す ロシアOP<GP>決勝戦結果

7月26日に開催されたロシアOP(ウラジオストック・GP)最終日は、各種目で決勝が行なわれた。

 

日本選手は女子シングルスで松本麻佑、混合ダブルスで渡辺勇大/東野有紗が決勝に進出したが、ともに敗れて準優勝となった。

 

決勝の結果は以下の通り。

 

【男子シングルス】

トミー・スギアルト(インドネシア)②〔21−16、21−10〕0●ラウル・マスト38分(エストニア)

【女子シングルス】

クリスティナ・ギャビンホルト(チェコ)②〔21−10、22−20〕0●松本麻佑40分

 

【男子ダブルス】

イワノフ/ソゾノフ(ロシア)②〔22−20、21−19〕0●ゴー/タン(マレーシア)37分

 

【女子ダブルス】

G・ストエヴァ/S・ストエヴァ(ブルガリア)②〔21−15、21−17〕0●ゴリセウスキ/ネルテ(ドイツ)39分

 

【混合ダブルス】

チャン・ゴー(マレーシア)②〔21−13、23−21〕0●渡辺勇大/東野有紗39分39分

投稿日:2015/07/27
■関連キーワード

      

人気記事ランキング