バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【大会情報】ヨネックス秋田マスターズ2018が7月24日に開幕!

【大会情報】ヨネックス秋田マスターズ2018が7月24日に開幕!

01
出場予定選手のほか、なまはげや竿燈(かんとう)など秋田の観光色を出した大会ポスター(ビジュアルは、今後変更になる可能性あり)

7月24日(火)から秋田県秋田市で、「ヨネックス秋田マスターズ2018」が開催される。日本で行なわれる国際大会といえば、毎年秋の「ダイハツ・ヨネックスオープンジャパン」。こちらは、世界バドミントン連盟(BWF)が定める「スーパー750(レベル3)」に該当する。そして、毎年春に行なわれる「大阪国際インターナショナルチャレンジ(IC)」より一つ上、「スーパー100(レベル6)」の大会が、今回の「ヨネックス秋田マスターズ」だ。

このレベルには世界各国の主に若手有望選手が出場。今大会は、予選から決勝まで6日間を戦い抜く。男女合わせて300名以上の参加が見込まれ、日本からは、秋田県出身の志田千陽(再春館製薬所)、秋田県をホームとする北都銀行の川上紗恵奈、青森県立浪岡高2年の奈良岡功大らの出場が予定されている。

開催地となる秋田県は、スキーモーグルの国際大会などを開催してきた実績を持ち、「スポーツ立県あきた」を標榜。また、S/Jリーグ女子の強豪・北都銀行の地元でもあり、「大会開催をきっかけとして、バドミントンを秋田の文化に」と意気込む。6月8日に行なわれた会見では、秋田県バドミントン協会の斉藤永吉会長が、「秋田をバドミントンの聖地として、世界に発信したい。おもてなしの心を前面に出した運営を心がけます」と力強く宣言した。

6月8日に秋田県庁本庁で行なわれた会見(左から、原田利夫・秋田県協会理事長、斉藤永吉・秋田県協会会長、銭谷欽治・日本協会専務理事、林田草樹・ヨネックス株式会社代表取締役社長)
6月8日に秋田県庁で行なわれた会見(左から、原田利雄・秋田県協会理事長、斉藤永吉・秋田県協会会長、銭谷欽治・日本協会専務理事、林田草樹・ヨネックス株式会社代表取締役社長)

なお、会見には日本協会の銭谷欽治専務理事も出席し、「東日本大震災で被災した方々を、スポーツで元気にしたい思いもあります」とスピーチ。その考えに沿って、宮城県、福島県、岩手県における、被災地の子どもたちを無料招待する予定だ。

また、18歳以下と65歳以上は、2階席での観戦が無料(1階席は半額)。夏休み期間中ということで、バドミントン体験教室や、秋田の特色を出した物販・飲食ブースなど、訪れた人が楽しめるイベントが多数予定されている。

この夏、未来のスター選手の熱き戦いを目に焼きつけ、東北・秋田のおもてなしを楽しんでみよう!

<大会要項>

ヨネックス秋田マスターズ2018

主催 公益財団法人日本バドミントン協会(NBA)

公認 世界バドミントン連盟(BWF)

主管 秋田県バドミントン協会

共催 秋田県、秋田市

冠協賛 ヨネックス株式会社

【会場】

CNAアリーナ★あきた

〒010-0973 秋田県秋田市八橋本町6丁目12-20

【日程】

7月24日(火)

予選・男子単1回戦/8:30開場→9:30試合開始

7月25日(水)

1回戦・男子単2回戦/8:00開場→9:00試合開始

7月26日(木)

2回戦・男子単3回戦/8:00開場→9:00試合開始

7月27日(金)

準々決勝/8:00開場→9:00試合開始

7月28日(土)

準決勝/9:00開場→12:00試合開始

7月29日(日)

決勝/9:00開場→12:00試合開始

 

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2018/06/14
■関連キーワード

         



閉じる