バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【S/Jリーグ】優勝候補の再春館製薬所、日本ユニシスが勝利!<女子>

【S/Jリーグ】優勝候補の再春館製薬所、日本ユニシスが勝利!<女子>

12月24日、バドミントンの最高峰リーグである「S/Jリーグ2017」高岡大会(富山・高岡市民体育館)2日目が開催された。この日は男子1試合、女子2試合が行なわれており、ここでは女子の熱戦をレポートしよう。

【第1試合】

S/Jリーグ第1試合に組まれた日本ユニシスと七十七銀行の対戦では、今シーズン初めて髙橋礼華と松友美佐紀(上写真・右)がペアで出場。大勢の観客が注目するなか、髙橋/松友は七十七銀行の大森舞/嶺井優希に対して第1ゲームをわずか8本で奪うなど、その実力を発揮。第2ゲームも11本で快勝した髙橋/松友が、チームに大事な1ポイントをもたらした。

一方で、白星へ望みをつなぎたい七十七銀行は、シングルスの杉野文保が海老原詩織から第1ゲームを奪う。しかし、海老原は苦しみながらも第2ゲームを18本、ファイナルゲームは18オールから競り勝ち、土壇場での勝負強さを披露。これでチームの勝利を確定させた日本ユニシスは、第2ダブルスでも昨日に続き東野有紗/中西貴映の若手ペアがストレート勝ち。チーム全体が噛み合った日本ユニシスが、開幕3連勝と盤石の強さを見せつけた。

▼試合結果

日本ユニシス(3勝) 七十七銀行(3敗)

髙橋礼華/松友美佐紀②〔21−8、21−11〕0●大森舞/嶺井優希

海老原詩織②〔14−21、21−18、21−19〕1●杉野文保

東野有紗/中西貴映②〔21−17、21−14〕0●河崎綾佳/小見山彩

S/Jリーグ
ファイナル勝負をモノにした海老原
S/Jリーグ
第1ダブルスに起用された大森舞と内定選手の嶺井優希(右)
S/Jリーグ
開幕から3連勝を飾った日本ユニシス

【第2試合】

昨年の覇者・再春館製薬所と、昨季6位のACT SAIKYOの一戦。再春館製薬所は第1ダブルスにエースの福島由紀/廣田彩花(下写真・右)、シングルスに山口茜、第2ダブルスに志田千陽/松山奈未と、単複の総合王者を配するベストオーダーで挑んだ。

S/Jリーグ

これに対し、ACT SAIKYOは第1ダブルスを前日の今井優歩/川島美南から重田美空/中村麻裕へと入れ替えたが、好調の福島/廣田に対しては力及ばず。福島/廣田が14本、9本で抑え、再春館製薬所が先制した。

そしてシングルスでは、山口(下写真)が齋藤栞の高さのある攻撃にやや苦しんだものの、2−0のストレート勝ち。エースがきっちり役割を果たした再春館製薬所は、第2ダブルスの志田/松山も、ACT SAIKYOの内定選手・加藤美幸/柏原みきを第2ゲーム21-10に抑えて勝利。S/J初代女王の再春館製薬所は、相手に1ゲームも与えず開幕からの3連勝を達成した。

S/Jリーグ
第1ゲームは苦戦したが、第2ゲームをしっかり抑えて勝利をつかんだ山口茜

▼試合結果

再春館製薬所(3勝) ACT SAIKYO(3敗)

福島由紀/廣田彩花②〔21−14、21−9〕0●重田美空/中村麻裕

山口 茜②〔21−18、21−16〕0●齋藤 栞

志田千陽/松山奈未②〔22−20、21−10〕0●加藤美幸/柏原みき

S/Jリーグ
第1ダブルスを戦った重田美空/中村麻裕
S/Jリーグ
貫禄の勝利を飾った福島/廣田

再春館製薬所・池田雄一監督

「福島/廣田の第1ダブルスに関しては、エースとしての役割なのでそこは変えられない。(海外遠征後で)疲れはあると思うんですけど、連覇をめざすところでは一つでも気は抜けないので起用しました。これで開幕から3連勝。年内はしっかり締めて折り返すことができましけど、まだまだこれからが勝負だと思っています」

取材・文/吉井信行

写真/井出秀人


投稿日:2017/12/24
■関連キーワード