バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【S/Jリーグ】トナミ運輸、日立情報通信Eが白星スタート!<男子>

【S/Jリーグ】トナミ運輸、日立情報通信Eが白星スタート!<男子>

11月4日に『バドミントンS/Jリーグ2017』が、熊本県の県立総合体育館で開幕。開幕節の初日は男子2試合、女子3試合が行なわれた。ここでは、男子リーグの模様をレポートしよう。

S/Jリーグ2017午前・午後に分かれて開催された熊本大会。午前の部では、日立情報通信エンジニアリングと金沢学院クラブが対戦した。昨季、初のリーグ3位に入った日立は、第1ダブルスで竹内義憲(写真右)/松居圭一郎が、伊東克範/小林晃を相手にファイナル15本で競り勝ち、チームに勢いをつける。しかし、続くシングルスでは、今季から移籍加入した金沢学院クラブの山口容正が、丸尾亮太郎に第1ゲームを奪われながらも逆転勝ち。勝敗を1−1のタイに戻した。

それでも、自力に勝る日立は、第2ダブルスの塚本好喜/高野将斗が荒井大輝/神田遼に17本、13本のストレート勝ちを収めて、開幕戦白星スタートを切った。

▼試合結果
日立情報通信エンジニアリング(1勝)2−1金沢学院クラブ
竹内義憲/松居圭一郎②〔21−10、15−21、21−15〕1●伊東克範/小林晃

丸尾亮太郎●1〔21−17、17−21、15−21〕②山口容正

塚本好喜/高野将斗②〔21−17、21−13〕0●荒井大輝/神田遼

S/Jリーグ午後の部は、昨年の覇者・トナミ運輸とJR北海道が激突。この試合で、トナミ運輸は王者の貫禄を見せつける。まず、第1ダブルスの保木卓朗/小林優吾が、東野圭悟/渡部大を相手に12本、13本で完勝。すると、続くシングルスでは、トナミ運輸の主将として開幕戦を任された武下利一が、チームの期待に応える。武下は塚本光希に第1ゲームこそ22−20とねばられたが、第2ゲームは16本に抑えてストレート勝ち。チームの開幕戦白星を決めた。

また、第2ダブルスに出場した、地元熊本の八代東高校出身である園田啓悟(写真右)/嘉村健士も、髙島雅彦/牧野公亮を2−0のストレートで下し、トナミ運輸が3−0の快勝。S/J連覇に向けて好スタートをきった。

5日に開催される男子は、日本ユニシスvs金沢学院クラブ、トリッキーパンダースvs JR北海道、NTT東日本vs三菱自動車京都の3試合が予定されている。

トナミ運輸・荒木純監督
「3−0で1ゲームも落とさずに勝ったので、よいスタートをきれました。出場した5人は連覇のプレッシャーというか、保木/小林にしても、武下にしても少し硬さがあったかなと思います。そういうなかでしっかりと2−0で勝ってきているので、よしというところですね。年内はあと高岡での2試合。1月に入ってから4週連続である試合が勝負なので、そこをしっかりと取りこぼしのないように勝っていくだけかなと思います」

▼試合結果
トナミ運輸(1勝)3−0 JR北海道(1敗)

保木卓朗/小林優吾②〔21−12、21−13〕0●東野圭悟/渡部大

武下利一②〔22−20、21−16〕0●塚本光希

園田啓悟/嘉村健士②〔21−11、21−18〕0●高島雅彦/牧野公亮

取材・文/吉井信行 写真/江見洋子


投稿日:2017/11/05