バトミントンTOP国内ニュース日本代表 ≫ 【イベント情報】日本ユニシス選手が中高生と練習会&食事会!

【イベント情報】日本ユニシス選手が中高生と練習会&食事会!

シスの選手と中高生が実際にシャトルを打ち合い、指導を受けていた(写真は奥原)
シスの選手と中高生が実際にシャトルを打ち合い、指導を受けていた(写真は奥原)

8月1日、東京・味の素ナショナルトレーニングセンター(以下:NTC)において「鍛える、食べる トップアスリート1日合宿」が開催された(読売新聞東京本社主催、味の素株式会社共催)。東京都内の中高生バドミントン部員26人を対象に、栄養に関するセミナーや実食会、練習会が実施され、S/Jリーグに所属する日本ユニシスの男女選手も参加。練習会では指導役を務め、昼食会やセミナーにも中高生とともに出席した。

練習会では中高生が1コート3~4人に分かれ、各コートに日本ユニシスの選手が複数サポートにあたった。基礎打ち、ゲーム練習がなごやかな雰囲気で行なわれ、最後は日本ユニシス選手による試合を実施。奥原希望―海老原詩織、坂井一将―渡辺航貴、髙橋礼華&松友美佐紀―栗原文音&篠谷菜留、数野健太&遠藤大由―井上拓斗&金子祐樹の豪華な対戦に、中高生はコート脇から熱い視線を注いでいた。

実食会は、NTCを利用するトップアスリートが食事をしている「SAKURA Dining」で行なわれ、味の素株式会社が強い体を作るために推し進めている「勝ち飯」を昼食として摂った。「勝ち飯教室」と題した栄養に関するセミナーも午前と午後それぞれで行なわれ、「食事では、バランスよく5つの輪(主食、主菜、副菜、汁物、牛乳・乳製品)をそろえる」「補食では、目的に応じて必要な栄養素を必要なタイミングでとる」ことなど、基本的な内容がレクチャーされた。

朝8時半から、約5時間にわたって多彩なプラグラムが組まれた本イベント。リオ五輪・銅メダリストの奥原希望は「ふだん講習会と食事会をいっしょにやることはなかったので、すごく新鮮でした。いつもアスリートたちで食事することがほとんどですが、きょうは中高生たちといっしょにご飯を食べることができて、楽しい時間になりました」と充実した表情で振り返った。

互いに笑顔が絶えなかったゲーム練習では、遠藤大由&上田拓馬という珍しいペアリングも見られた
互いに笑顔が絶えなかったゲーム練習では、遠藤大由&上田拓馬という珍しいペアリングも見られた
練習会の最後に行なわれた日本ユニシス選手による試合。ハイレベルなラリーに中高生からはため息がもれた
練習会の最後に行なわれた日本ユニシス選手による試合。ハイレベルなラリーに中高生からはため息がもれた
「勝ち飯」教室には日本ユニシスの選手、中高生の保護者と引率教員も参加
「勝ち飯」教室には日本ユニシスの選手、中高生の保護者と引率教員も参加

 

髙橋礼華&松友美佐紀コメント(実食会後の囲み取材から)

日本ユニシス講習会

髙橋「アスリートにとって食事はすごく大切で、自分もリオ五輪までに体重を落としたり、『こういうものを控えるように』というのを、栄養士さんと相談しながら取り組んでいました。中高生はすごく成長する時期。自分も小学生のときは身長が低かったんですが、中高時代で身長が20センチ伸びました。中高生にとっても、やっぱり食事は大切だと思います。食事会は一緒に食べた子がガンガン話しかけてくれて、私もいっぱい質問して、楽しかったです」

 

松友「競技をするうえで練習をたくさんすることはもちろん大切ですが、私自身も練習のあと、とくに夏場などは食欲もなくなったり、食べたくないことがあったりします。そういうときに無理をしてでもちゃんと摂っておくかないと、あとになって体調が悪くなったり、疲れやすくなったりすることがあります。食べることも大切なんだということを、(実食会で)しっかり伝えられたかなと思っています」

 

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

 

 


投稿日:2017/08/06
■関連キーワード