バトミントンTOPバド情報 ≫ 【イベント情報】ウエンブレーが60周年記念祝賀会を開催

【イベント情報】ウエンブレーが60周年記念祝賀会を開催

7月1日、東京都内のホテルにおいてバドミントンプロショップ・ウエンブレーの創立60周年記念祝賀会が行なわれた。

日本のバドミントンをさまざまな立場で支える面々が祝福に駆け付けた
日本のバドミントンをさまざまな立場で支える面々が祝福に駆け付けた

 

かつてトマス杯の日本選手団や法政大の監督も務めた村山(杉田)安雄氏が、1957年5月に東京都目黒区に設立した「有限会社村山商店」が、その始まり。82年に「有限会社ウエンブレー」と社名を変更し、現在はバドミントンプロショップ・ウエンブレーとして学芸大学本店をはじめ、東京、神奈川、千葉に10店舗を展開している。

会には、関根義雄・日本バドミントン協会副会長、銭谷欽治・同専務理事や、東京・神奈川を中心とした都県(市区)協会・各連盟、メーカー、大学・クラブチームの関係者ら約200人が出席。会場は華やかな祝賀ムードに包まれるとともに、同ショップの「バドミントン愛」が随所に感じられる、温かみのある会となった。

後半では、この日をもって杉田昭博氏が、父・一博氏から代表取締役社長を引き継ぐことも発表された(一博氏は会長に就任)。昭博氏は「60周年という歴史を噛みしめながら、80周年、90周年、100周年をめざしていきます」と締めくくった。

代表取締役社長就任のあいさつを行なう杉田昭博氏(右から二人目。左から二人目が会長に就任した一博氏)
代表取締役社長就任のあいさつを行なう杉田昭博氏(右から二人目。左から二人目が会長に就任した一博氏)

 

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

 

 


投稿日:2017/07/04
■関連キーワード