バトミントンTOP国内ニュース日本代表 ≫ 【GPG】星千智は準決勝で敗退 <スイスOP>

【GPG】星千智は準決勝で敗退 <スイスOP>

3月18日に開催されたスイスOP(バーゼル・GPG)5日目は、各種目準決勝が行なわれた。

日本選手では唯一、女子シングルスの星千智が勝ち残り準決勝を戦った。対戦したのは中国の陳雨菲。前日に先輩の髙橋沙也加を破った強敵で、その第1ゲームを13本で失った星。第2ゲームも相手に先行されると、そのまま振り切られて敗戦。決勝進出とはならなかったが、GPGの大会で見事4強入りを果たしている。

男子シングルスでは、先週の全英OPで準優勝を飾った石宇奇(中国)と、同国の第一人者である林丹が決勝に進出。女子シングルスでも、日本選手に連勝した陳雨菲と陳曉欣が決勝まで勝ち進んでいる。また、男子ダブルスも洪煒/柴飈、張楠/劉成が勝ち上がり、3種目で中国選手同士の決勝となっている。

準決勝の結果は以下の通り。

 

【男子シングルス】

石宇奇(中国)②〔18−21、21−17、21−15〕1●王子維(台湾)59分

林丹(中国)②〔21−17、21−17〕0●アンソニー・ギンティン(インドネシア)47分

 

【女子シングルス】

陳曉欣(中国)②〔21−17、21−19〕0●フィトリアニ(インドネシア)47分

陳雨菲(中国)②〔21−13、21−17〕0●星千智40分

 

【男子ダブルス】

洪煒/柴飈(中国)②〔17−21、21−15、21−18〕1●陳宏麟/王齊麟(台湾)53分

張楠/劉成(中国)②〔21−9、21−19〕0●ラングリッジ/エリス(イングランド)42分

 

【女子ダブルス】

G・ストエヴァ/S・ストエヴァ(ブルガリア)②〔22−20、21−19〕0●包宜鑫/于小含(中国)45分

陳清晨/賈一凡(中国)②〔21−12、21−14〕0●シーゲセン/フルーエルガード(デンマーク)37分

 

【混合ダブルス】

デチャポル/サプリシリー(タイ)②〔21−19、13−21、21−19〕1●鄭思維/陳清晨(中国)59分

ヨルダン/スサント(インドネシア)②〔17−21、21−19、21−16〕1●張楠/李茵暉(中国)59分


投稿日:2017-03-19
■関連キーワード