バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【S/Jリーグ入替戦】三菱自動車京都が勝利! S/Jリーグに残留決定!<男子結果>

【S/Jリーグ入替戦】三菱自動車京都が勝利! S/Jリーグに残留決定!<男子結果>

2月26日(日)にS/Jリーグ入替戦、日本リーグ入替戦(東京・立川市柴崎市民体育館)が行なわれた。

S/Jリーグ入替戦は、2月12日に閉幕したS/Jリーグ8位チームと、日本リーグ優勝チーム(2016年11月に開催)が対戦。来季のS/Jリーグ出場権をかけた大一番は、男子が三菱自動車京都(S/J8位)と東北マークス(日本リーグ優勝)、女子は岐阜トリッキーパンダース(S/J8位)と七十七銀行(日本リーグ優勝)が激突した。

また、同日に行なわれた日本リーグ8位チームとチャレンジリーグ優勝チームによる入替戦は、男子がトヨタ自動車九州(日本リーグ8位)と、AC長野パルセイロBC(チャレンジリーグ優勝)、女子がトヨタ自動車(日本リーグ8位)とPLENTY GLOBAL LINX(チャレンジリーグ優勝)が対戦した。

ここでは男子S/Jリーグ入替戦の結果をお伝えしよう。

 

【S/Jリーグ入替戦】

初参戦となったS/Jリーグは未勝利に終わった三菱自動車京都と、混戦の日本リーグを抜け出して優勝を飾った東北マークス。ともにベストメンバーで臨んだ試合は、第2ダブルスまでもつれる接戦となった。

 

第1ダブルスを先制したのは東北マークス。鈴木大裕/佐伯健人が三菱の喜多勝人/林谷理貴に対し、第1ゲームを15-21で奪われたものの、第2・3ゲームはドライブ戦から攻撃の糸口を作り逆転勝ち。S/Jチームの三菱にプレッシャーをかける。

鈴木(左)/佐伯(東北マークス)
鈴木(左)/佐伯(東北マークス)

 

しかし、続くシングルスでは、S/Jリーグで白星2つをつかんでいる三菱・常山明良が底力を発揮する。マークス・堀川善生との第1ゲームは、2−9と序盤で先行される苦しい状況になるも、ねばり強いラリーで相手のミスを誘った常山が11-9と逆転に成功。ここから互いに譲らぬラリーを見せると、常山が先に抜け出し21−19で第1ゲームを奪った。第2ゲームも常山が序盤で6連続失点を喫する展開となったが、1ゲーム同様、じわじわと追い上げて9−9。すると、後半も堀川の強打をしのいだ常山が11本で制し、三菱が1−1のタイに戻した。

常山明良(三菱自動車京都)
常山明良(三菱自動車京都)

 

第2ダブルスは、三菱の吉川改/疋田聖也とマークス・大田圭祐/伊佐勇希の勝負に。第1ゲーム、序盤からペースをつかんだのは吉川/疋田。スコアを先行して試合を進めると、21-15で奪取して王手をかける。第2ゲームは意地を見せるマークス・大田/伊佐が接戦に持ち込んでみせたが、その勢いをしっかり抑えた三菱ペア。20−19から最後の1点をつかみとり、白熱した試合に終止符をうった。

劣勢をひっくり返した三菱自動車京都が2−1で東北マークスを破り、S/Jリーグ残留を決めている。

吉川(左)/疋田(三菱自動車京都)
吉川(左)/疋田(三菱自動車京都)

 

▼結果

三菱自動車京都(S/Jリーグ8位)2−1東北マークス(日本リーグ優勝)

喜多勝人/林谷理貴●1〔21−15、16−21、15−21〕②鈴木大裕/佐伯健人

常山明良②〔21−19、21−11〕0●堀川善生

吉川改/疋田聖也②〔21−15、21−19〕0●大田圭祐/伊佐勇希

喜多(右)/林谷(三菱自動車京都)
喜多(右)/林谷(三菱自動車京都)
堀川善生(東北マークス)
堀川善生(東北マークス)
大田(右)/伊佐(東北マークス)
大田(右)/伊佐(東北マークス)

 

※三菱自動車京都がS/Jリーグに残留

 

【日本リーグ入替戦】

▼結果

トヨタ自動車九州(日本リーグ8位)2−1AC長野パルセイロBC(チャレンジリーグ優勝)

原田和憲/坂中賢太●1〔21−19、22−24、18−21〕②アグリッピナ・プリマラハマント/藤巻嵩寛

小森洋佑②〔25−23、21−16〕0●植田将成

新宅地塩/具志堅興平②〔23−21、21−18〕0●小町谷輝/河野大地

※トヨタ自動車九州が日本リーグに残留

日本リーグ入替戦
アグリッピナ・プリマラハマント(右)/藤巻嵩寛(AC長野パルセイロBC)
日本リーグ入替戦
小森洋佑(トヨタ自動車九州)
新宅地塩/具志堅興平
新宅地塩(右)/具志堅興平(トヨタ自動車九州)

投稿日:2017/02/26
■関連キーワード