バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【全国小学生】愛知が京都を破って初の日本一!<男子団体>

【全国小学生】愛知が京都を破って初の日本一!<男子団体>

12月25日に開催された第25回全国小学生選手権(滋賀県・ウカルちゃんアリーナ〈滋賀県立体育館〉)2日目は、都道府県対抗の男女団体戦(1複2単)が行なわれた。24日は団体戦の1回戦~3回戦が行なわれ、この日は準々決勝から決勝までが実施されている。

01adsc_1337

男子団体の決勝は、ともにノーシードから勝ち上がった京都と愛知が激突した。3面を使って3試合同時に始まった決勝は、愛知の第2単・冨田万南斗が先制。すると、第1複の縣涼介/近藤海裕もストレートで勝利をあげ、愛知は2-0で京都を下して悲願の初優勝を飾った。

なお、3位には、広島と新潟が名を連ねた。

 

優勝を決めた愛知の縣涼介/近藤海裕
優勝を決めた愛知の縣涼介/近藤海裕
決勝では相手を圧倒した愛知の冨田万南斗
決勝では相手を圧倒した愛知の冨田万南斗

 

【愛知 Vコメント】

★小林宏也監督

「初優勝は素直にうれしいです。一番の勝因はチームワークでしょうか。所属クラブは5人とも別々ですが、夏から合宿や遠征を重ねてチーム力を高めてきました。一番の山場は埼玉との準々決勝。ダブルスが負けて、第2シングルスの冨田もファイナルで苦しかったのですが、よく踏ん張って期待に応えてくれた。準決勝の新潟戦では、ダブルスが勝ったことのない相手に対して勝利してくれたので、勢いよく決勝も勝つことができたと思います」

★岩野滉也キャプテン(写真右)

06dsc_0623

「優勝できてうれしかったです。去年も出させてもらったけれど1回戦負けで、悔しい気持ちがありました。今大会は途中負けていても、応援をしっかりして、みんなの力で勝つことができたと思います。キャプテンとしては、絶対に自分が1本を取れるようにという気持ちでプレーしていました」

 

準優勝●京都
準優勝●京都

 

3位●新潟
3位●新潟

 

3位●広島
3位●広島

 

【男子結果】

▼準々決勝

広島 2-0 香川

京都 2-0 福井

新潟 2-0 大阪

愛知 2-1 埼玉

 

▼準決勝

京都 2-0 広島

愛知 2-0 新潟

 

▼決勝

愛知 2-0 京都

縣 涼介/近藤海裕②〔21-17、21-14〕0●湯浅友翔/本多啄也

岩野滉也〔22-20、10-2、打切り〕衣川真生

冨田万南斗②〔21-5、21-11〕0●中島 陸

 

※準々決勝以上を掲載

 


投稿日:2016/12/26
■関連キーワード