バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【全日本総合】準決勝コメント<女子シングルス>

【全日本総合】準決勝コメント<女子シングルス>

12月3日に開催された『第70回全日本総合バドミントン選手権』(東京・代々木第二体育館)の5日目は、各種目準決勝が行なわれた。ここでは女子シングルスに出場した選手のコメントを紹介しよう。

 

全日本総合

山口茜(再春館製薬所)/三谷美菜津(NTT東日本)に2−0で勝利

「昨日の試合はスタートがよくなかったので、今日はスタートをとりあえず大事にしようと思って、それができました、1ゲーム目の終盤で少し足が止まってしまったんですけど、スタートでつけた点差でうまく取れたので、2ゲーム目は気持ちも少し楽になって、思いきりのよいプレーができたと思います。明日は勝っても負けても最後の試合になるので、優勝とかはあまり気にせずに、自分らしいプレーが出せるように頑張りたいです」

 

全日本総合

佐藤冴香(ヨネックス)/鈴木温子(ヨネックス)に2−1で勝利

「(相手の鈴木について)正直、同チームで同学年というのはやりづらかったです。立ち上がりから緊張して苦労しましたが、リードされても攻め急がず、ゆっくりつないでいったのがよかったと思います。最後は相手ミスが続いてラッキーでした。ただ、今日の出来では明日は勝てないと思うので、先手先手で攻めていきたいです」


投稿日:2016-12-04
■関連キーワード