バトミントンTOP海外ニュース主要国際大会 ≫ 【世界ジュニア】日本は中国に無念の敗退…<団体戦>

【世界ジュニア】日本は中国に無念の敗退…<団体戦>

11月5日に開催された世界ジュニア2016(スペイン・ビルバオ)団体戦4日目は、決勝トーナメント準決勝が行なわれた。

準々決勝でデンマークを下した日本は、2012年以来(準優勝)の決勝進出をかけて中国に挑んだ。相手は世界ジュニア準決勝で2年続けて敗戦を喫しており、今年7月のアジアジュニアU19選手権でも敗れている強敵。それだけに、“打倒中国”を目標に掲げていた日本だが、ライバルを相手に第1試合の混合複が17本16本で敗れると、続く男子シングルスの渡邉航貴が第1ゲームを奪ったものの逆転負け。あとがなくなった日本はここから巻き返しを図ったが、続いて登場した男子ダブルスも0−2で敗れ、準決勝で敗戦。またしても大きな壁を越えることはできなかった。

試合前の選手団。敗れは下がベスト4を確定させた
試合前の日本選手団。中国に敗れたがベスト4をしっかりキープした

日本の結果は以下の通り。

 

◆準決勝

マレーシア 3-1 タイ

日本 0-3 中国

▼混合ダブルス

岡村洋輝/松山奈未 0−2 Jiting HE/Yue DU32分

▼男子シングルス

渡邉航貴 1−2 Feixiang SUN55分

▼男子ダブルス

小野寺雅之/岡村洋輝 0−2 Chengkai HAN/Haodong ZHOU31分

 

▼決勝

中国 - マレーシア

 


投稿日:2016/11/06
■関連キーワード