平田典靖

日本

平田典靖

名前
平田典靖
ふりがな
ひらた・のりやす
英語表記
HIRATA Noriyasu
生年月日
1983年11月17日
出身
富山県
身長
180cm
体重
75kg
利き腕
血液型
B
所属
トナミ運輸
出身校
利賀中-高岡工芸高-日本体育大
世界最高ランキング
7位/男子ダブルス(2012年4月26日付) 28位/混合ダブルス(2010年3月25日付)
  • 平田典靖
  • 平田典靖
  • 平田典靖



◆高校
大会名 学年 種目 成績 ペア
00年 インターハイ 2年 男子D 4強 米隆夫
01年 高校選抜 2年 男子D 優勝 劉志遠
01年 インターハイ 3年 男子D 優勝 劉志遠

◆大学
大会名 学年 種目 成績 ペア
03年 インカレ 2年 男子D 8強 小宮山元
04年 日本ランキングサーキット 2年 男子D 8強 小宮山元
インカレ 3年 男子D 準優勝 小宮山元
全日本総合 3年 男子D 16強 小宮山元
05年 日本ランキングサーキット 4年 男子D 8強 小宮山元
インカレ 4年 男子D 優勝 劉志遠

◆社会人
大会名 クラス 種目 成績 ペア
06年 日本ランキングサーキット 男子D 4強 米隆夫
全日本総合 男子D 4強 米隆夫
07年 日本ランキングサーキット 男子D 4強 劉志遠
USOP GP 男子D 16強 米隆夫
全日本社会人 男子D 優勝 米隆夫
全日本総合 男子D 8強 米隆夫
09年 スウェーデン国際 IC 男子D 8強 橋本博且
オーストリア国際 IC 男子D 8強 橋本博且
大阪国際 IC 男子D 準優勝 橋本博且
日本ランキングサーキット 男子D 優勝 橋本博且
ニュージーランドOP GP 男子D 準優勝 橋本博且
全日本社会人 男子D 8強 橋本博且
全日本総合 男子D 優勝 橋本博且
混合D 優勝 前田美順
10年 スイスOP  SS 男子D 4強 橋本博且
大阪国際 IC 男子D 優勝 橋本博且
アジア選手権 混合D 8強 藤井瑞希
日本ランキングサーキット   男子D 4強 橋本博且
インドネシアOP SS 男子D 4強 橋本博且
全日本社会人 男子D 4強 橋本博且
オランダOP  GP 男子D 優勝 橋本博且
全日本総合 男子D 優勝 橋本博且
混合D 優勝 前田美順
11年 オーストラリアOP GPG 男子D 4強 橋本博且
アジア選手権 男子D 準優勝 橋本博且
インドOP SS 男子D 優勝 橋本博且
マレーシアOP GPG 男子D 8強 橋本博且
シンガポールOP  SS 男子D 8強 橋本博且
USOP GPG 男子D 4強 橋本博且
ベトナムOP GP 男子D 8強 橋本博且
インドネシアOP GPG 男子D 8強 橋本博且
フランスOP SS 男子D 4強 橋本博且
香港OP  SS 男子D 8強 橋本博且
全日本総合 男子D 優勝 橋本博且
12年 マレーシアOP SS 男子D 4強 橋本博且
ドイツOP GPG 男子D 4強 橋本博且
全英OP SSP 男子D 4強 橋本博且
スイスOP GPG 男子D 8強 橋本博且
オーストラリアOP GPG 男子D 8強 橋本博且
アジア選手権 男子D 8強 橋本博且
シンガポールOP SS 男子D 8強 橋本博且
全日本社会人 男子D 準優勝 橋本博且
ヨネックスOPジャパン SS 男子D 8強 橋本博且
デンマークOP SSP 男子D 8強 橋本博且
全日本総合 男子D 準優勝 橋本博且
13年 マレーシアOP  SS 男子D 8強 橋本博且
全日本社会人 男子D 優勝 橋本博且
中国マスターズ SS 男子D 8強 橋本博且
ヨネックスOPジャパン SS 男子D 8強 橋本博且
デンマークOP SSP 男子D 8強 橋本博且
全日本総合 男子D 準優勝 橋本博且
スーパーシリーズファイナル SSF 男子D 予選リーグ敗退 橋本博且
14年 インドOP SS 男子D 8強 橋本博且
アジア選手権 男子D 8強 橋本博且
ヨネックスOPジャパン SS 男子D 4強 橋本博且
フランスOP  SS 男子D 8強 橋本博且
中国OP  SSP 男子D 8強 橋本博且
全日本総合 男子D 準優勝 橋本博且
15年 ドイツOP GPG 男子D 8強 橋本博且
全英OP SSP 男子D 16強 橋本博且
インドOP  SS 男子D 8強 橋本博且
シンガポールOP  SS 男子D 16強 橋本博且

SS上位進出数
優勝 1
準優勝 0回
4強 6
※SS、SSP、SSFの上位成績

幼少時代
人口が当時1000人ほどだった富山県利賀村(現南砺市)の山村に生まれる。

小学生時代
小学生時代は少年野球で汗を流した。

中学生時代
全校生徒30人ほどの利賀中に入学。部活がバドミントン部しかなく、そのまま入部。中3ではシングルスで県大会優勝。「村では横断幕などを飾ってくれてうれしかったけど、その頃はバドミントンを続けるとは思っていなかった」(本人)。

高校生時代
高岡工芸高に進学。高1のときから寮生活を送っていたが、練習の厳しさについていけず、夏に一度バドミントンから離れる時期もあった。部活に復帰してからは、メキメキと上達し、高2のインターハイで3位に(ペアは米隆夫・元トナミ運輸)。高校選抜ではダブルスを制覇し(ペアは劉志遠)、全国初タイトルを獲得。インターハイも優勝してみせた。この頃から前衛で高い力を発揮しており、その理由を当時監督を務めていた山形英明氏は「平田には前衛として豊かな発想力と思考を持つように言葉をかけてました。そうしたところ、気が付けば彼はラケットバッグにいつもメモ帳を入れ、何かをいうとすばやくメモをとるようにしてました。それらを自分のなかでデータベース化し、自分のやりたいこと、次の対戦相手と照らし合わせながら考える。こうしたアイデアを出せる力、推察力が平田の武器になっているのではないでしょうか」。

大学生時代
日本体育大に進学。4年時には主将を務め、インカレ団体優勝に貢献。個人では4年時に劉志遠とのペアでインカレダブルス優勝。「主将という立場にはやっぱりプレッシャーもありましたね。僕たちのときコーチがいなかったので、練習方法や試合のオーダーも自分たちで決めなければならなかった。でも後輩に恵まれたのか、みんな僕のいうことをよく聞いてくれたので助かりました」(本人)。

■バドミントン・マガジン
2010年6月号「court cruising」より
2008年9月号「CHECK POINT」より
2006年4月号「新しい道の上」より

人気記事ランキング