【世界選手権2021】「安心感が最後のラリーで自信につながった」篠谷菜留<3日目/選手コメント-5>

12月14日に開催されたBWF世界選手権2021(スペイン・ウエルバ)3日目は、各種目2回戦が行なわれた。ここでは試合を終えた選手のコメントを紹介する。

▼選手コメント

3日目(12月14日)
渡辺勇大&東野有紗

志田千陽&松山奈未

松本麻佑&永原和可那

保木卓朗&小林優吾

2日目(12月13日)
常山幹太

古賀輝&齋藤太一
小野寺雅之&岡村洋輝

星千智&松田蒼
中西貴映&岩永鈴

▼試合結果

3日目結果(12月14日)

2日目結果(12月13日)

初日結果(12月12日)

XD:山下恭平(左)/篠谷菜留

2回戦はエリス/スミス(イングランド)に21−16、18−21、21−15で勝利

――シード選手との対戦だった

山下 結果的にタフな試合になったと思います。

――勝利につながった理由は

篠谷 私自身は悪い時に同じミスをしてしまい、連続で点数をとられる場面もありました。でも、山下がすごく動いてカバーしてくれたので、その安心感が最後のラリーで自信につながっていた。それが勝ちにつながったと思います。

――対戦したイングランド選手のパフォーマンスはどうだったか

山下 男子選手の疲れが早かったので、そこをねらっていけたのでよかったと思います。

――次の試合について

篠谷 次の試合は木曜日になるので、明日(水曜日)にしっかり調整したい。次の試合でしっかり集中できるように体をケアし、疲れをとっていきたとい思います。

XD:金子祐樹(右)/松友美佐紀

2回戦はヘミング/ピーフ(イングランド)に21−17、21−10で勝利

――試合を振り返って

金子 特に風があるわけでもなく、非常にやりやすい会場だなと思いました。

――どういう戦いをねらっていたか

松友 ヨーロッパの選手は勢いに乗ると、どんどん圧力がかかってくる。1ゲーム目も引かずに自分たちのプレーができたし、2ゲーム目も点数は関係なく、自分たちのプレーができたと思います。

構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

投稿日:2021/12/15
■関連キーワード

                        

閉じる