【バドマガ情報】高校王者・森口航士朗の強さと進化の秘密に迫る! 11月号のココに注目!<2>

バドミントン・マガジン11月号が、好評発売中です。今回も特集や企画の内容などを、数回に分けて紹介しています。

【特別企画】
高校王者強さ進化秘密に迫る
森口航士朗(埼玉栄高)

今年8月に開催されたインターハイの男子シングルスで、春の選抜に続く優勝を果たした森口航士朗選手(埼玉栄高3年)。団体戦と男子ダブルスはあと一歩優勝に届かなかったものの、今大会では唯一、3種目で決勝に進む活躍を見せました。

中学時代は全中シングルスベスト8が最高だった森口選手が、壁を破った要因とは何か。そして、強さの秘密とは――。インタビューに加えて、本人のプレー分析と、得意ショットについても意識や技術ポイントを教えていただきました。また、これまで多くのトップ選手を輩出してきた大屋貴司監督の視点で、森口選手の魅力を語っていただいています。

男子シングルス期待のホープを、ぜひチェックしてください!

スラリとした長い手足から角度のあるショットを放つ森口選手。現在の自身のプレーについては、5段階評価で細かく分析してもらった。今後、どのような成長を遂げていくのだろうか

【担当者メモ】

埼玉栄高校のエースでありキャプテン。高校から地元・熊本を離れ、強い覚悟を持って名門校に進学した森口選手は、日本トップの練習環境の中でメキメキと上達し、見事に日本一へと上り詰めました。今回のようなインタビューは初めてで、「すごく緊張しています」と言いながら、一つひとつの質問に真摯に、丁寧に答える姿から、バドミントンに対しても、真面目に真剣に向き合ってきたことが伝わってきました。

そんな森口選手の取り組む姿勢、その意識は、強くなりたいと願う多くの選手にとって参考になったり、刺激になるはず。必読です。

ちなみに取材日は天気がよかったため外でも撮影。「11月号なので」と無理を言って、30度近い暑さの中でジャージを着ていただきました。汗をだらだらとかきながらも、カメラマン(と私)のリクエストに一生懸命応えてくれて、感謝しかありません。

爽やかな一枚になりました! 森口選手の魅力の詰まった誌面になっています。

Amazon

楽天BOOKS

スポーツクリック

定期購読(定期割)

ベースボール・マガジン社 販売部
(0120‐911‐410)

文/バドミントン・マガジン編集部

投稿日:2021/10/23

人気記事ランキング