【富山IH2021】久湊菜々がオールストレート勝ちで夏制覇!<女子シングルス>

8月9日(月)から13日(金)にかけて、バドミントンのインターハイ(全国高校総体)が富山県の高岡市と射水市で開催。大会最終日の13日は、高岡市竹平記念体育館にて男女シングルス、ダブルスの準決勝と決勝が行なわれた。ここでは、久湊菜々(岡崎城西・愛知)が頂点に立った女子シングルスのダイジェストをお伝えする。

【ダイジェスト】

シングルスで全国初優勝を飾った久湊菜々(岡崎城西)。最後までスピードが落ちなかった

女子シングルスは、柳井商工(山口)の水津愛美と明地陽菜、作新学院(栃木)の舛木さくら、岡崎城西の久湊菜々がベスト4に勝ち残っていた。このうち、春夏連覇をめざす水津と舛木が対戦した準決勝では、舛木が序盤から流れをつかみ第1ゲームを14本で先取。第2ゲームは、水津が意地を見せて17−20とマッチポイントを握られたところからの5連続得点でファイナルゲームへと持ち込んだ。しかし、水津の反撃もここまで。ファイナルゲームでは舛木が水津を13本に抑えて、初めて全国大会の決勝へと進出した。また、準決勝もう一試合は、久湊が明地に対して第1ゲーム18本。第2ゲームは14本でストレート勝ち。持ち味のスピードとラリー力を生かしたプレーで、明地を寄せ付けなかった。

選抜女王を2-1で破って決勝進出を決めた舛木さくら(作新学院)

3年生同士の対決となった決勝戦。接戦も予想されたが、始まってみると久湊が舛木を圧倒した。久湊は第1ゲーム中盤以降に連続得点を重ね、11−7、18−9と順調にリードを広げていき、第1ゲームは21−10でフィニッシュ。そして、流れは第2ゲームに入っても変わらず、11−4と序盤でリードを広げた久湊が19−10と優勝目前に迫る。ここから舛木も意地を見せて16−20まで挽回したが、最後は久湊が追撃を振りきって、インターハイ制覇を成し遂げた。

【優勝コメント】

久湊菜々(岡崎城西・愛知)

「本当に優勝した実感がなさすぎて。あまり喜べないのは、相手が疲れている状態で、自分と当たることが多く、本当の実力で勝てたとは思っていないのが正直なところです。でも優勝はしたいと思っていたので、決勝は結果や点数を意識しすぎずに、自分のプレーを出すことに集中しました」

【女子シングルス結果(13日)】

■準決勝

舛木さくら(作新学院・栃木)②〔21-14、20-22、21-13〕1●水津愛美(柳井商工・山口)

久湊菜々(岡崎城西・愛知)②〔21-18、21-14〕0●明地陽菜(柳井商工・山口)

■決勝

久湊菜々②〔21-10、21-16〕0●舛木さくら

★女子シングルスの全試合結果(トーナメント表)はこちら

準優勝:舛木さくら(作新学院)

 

3位:明地陽菜(柳井商工)
3位:水津愛美(柳井商工)

※富山インターハイの熱戦の模様は、8月20日(金)発売の『バドミントン・マガジン』9月号でも紹介します!

取材・文/吉井信行

写真/黒崎雅久

投稿日:2021/08/14
■関連キーワード

               

人気記事ランキング