【小学生フェスティバル】全小の代替大会が開幕! 4年生以下のベスト4が出そろう!

1月6日に日本小学生バドミントンフェスティバル INくまがや(埼玉県・彩の国くまがやドーム)が開幕した。新型コロナウイルスの影響で全国小学生選手権が中止となり、代替として設けられた舞台。小学生の全国大会は“全小”の他にクラブ対抗戦の若葉カップ、個人シングルスで頂点を争うABC大会があるが、そのどちらも中止に。この日本小学生フェスティバルが、小学生にとって2020年度唯一の全国規模の大会だ。

感染防止対策を徹底して実施されたフェスティバル。小学生たちはコートで生き生きとしたプレーを見せた

フェスティバルは3日間に渡って開催。感染拡大防止の観点から団体戦は行なわず、個人戦のみを実施する。各種目で出場を見送った選手が出たものの、各地の予選を勝ち抜いた精鋭たちが参加。大会初日は4年生以下の男女シングルス・ダブルスの1回戦から準々決勝までが実施され、それぞれベスト4が出そろった。

男子シングルスは、V候補の篠原康輔(中萩JBC・愛媛)ら4年生の2選手がストレート勝ちで準決勝進出を決める中、3年生の串間太政(UNAID MIYAZAKI BC Jr・宮崎)と篠原緑(志木ジュニア・埼玉)が接戦を制してベスト4入り。女子シングルスは、四つ角シードから勝ち上がったのは板橋ゆい(SJC・宮城)のみ。開催地・埼玉からは、橋爪藍莉(鶴ヶ島Angels)と田沢めいな(所沢ジュニア)の二人が準決勝進出を決めている。

3年生ながらベスト4入りを果たした串間。準々決勝は相手に第1ゲームを奪われながらも、ねばり強いプレーで逆転勝ちを収めた。「苦しい時もあったけど、あきらめずにできました」と笑顔。持ち前のガッツとラリー力を武器に頂点をめざす
第1シードの近畿チャンピオンや四国チャンピオンを倒して準決勝進出を果たした高田万智(石ヶ瀬・愛知)

接戦の多かった男子ダブルスは、四つ角シードに入る3ペアが勝負強さを発揮してベスト4入り。もう一枠には、準々決勝の激闘を2-1で制した地元・埼玉の菊地穂高/伊藤太陽(久喜ABC)が名を連ねた。女子ダブルスでは、ブロック予選のチャンピオンが相次いで敗れる展開に。その中でも、九州1位の益満小蘭/水原七菜(海老津ジュニア・福岡)が難敵との勝負所を制して明日の準決勝に駒を進めている。

第2シードからベスト4入りを決めた濱口 虎太郎(左)/栁克弥(岡垣ジュニア・福岡)
ファイナル勝負となった準々決勝を勝ち切った金城芙羽子(左)/平良優奈(糸満ジュニア・沖縄)

男女シングルス・ダブルス4年生以下の準々決勝結果は以下の通り。

なお、大会2日目の7日は4年生以下の準決勝・決勝を実施。5年生以下は各種目の1回戦から準々決勝、6年生以下は各種目の1、2回戦が行われる。

【結果】

<男子シングルス4年生以下>

▼準々決勝

篠原康輔(中萩JBC・愛媛)②〔21-19、21-13〕0●松下一誠(Sparky Jr・北北海道)

有江桜空(川越ジュニア・埼玉)②〔21-17、21-19〕0●中野謙志(米沢南部JBC・山形)

串間太政(UNAID MIYAZAKI BC Jr・宮崎)②〔19-21、21-11、21-18〕1●小川真輝(美鈴が丘JBC・広島)

篠原 緑(志木ジュニア・埼玉)②〔21-18、21-18〕0●宮下 桧(ハルトノクラブ・茨城)

<女子シングルス4年生以下>

▼準々決勝

高田万智(石ヶ瀬・愛知)②〔21-19、16-21、21-18〕1●物部 幸(古高松・香川)

田沢めいな(所沢ジュニア・埼玉)②〔21-19、19-21、21-15〕1●河村珠莉奈(NOCK・愛知)

橋爪藍莉(鶴ヶ島Angels・埼玉)②〔20-22、21-9、21-12〕1●永久井凜(都城スマッシュ・宮崎)

板橋ゆい(SJC・宮城)②〔21-17、21-17〕0●中野日麗(伊勢崎Jr.C.・群馬)

<男子ダブルス4年生以下>

▼準々決勝

坂本羽琉/粂野 駿(SGU ジュニア・愛知)②〔21-17、21-16〕0●加本逸真・竹田悠希(おろちクラブ・島根)

石井春馬/山口 拓(渋谷ジュニア・東京)②〔21-12、21-9〕0●松岡夏輝/榎本和司(蓮田サウス・埼玉)

菊地穂高/伊藤太陽(久喜ABC・埼玉)②〔11-21、21-18、21-17〕1●吉田結斗/辻村應介(仰木の里ジュニア・滋賀)

濱口虎太郎/栁 克弥(岡垣ジュニア・福岡)②〔12-21、21-11、21-18〕1●北川蓮梧/荒木悠乃介(みはら・栃木)

<女子ダブルス4年生以下>

▼準々決勝

益満小蘭/水原七菜(海老津ジュニア・福岡)②〔21-9、21-13〕0●中村美琴/佐藤仁南(栃尾ジュニア・新潟)

清水このは/白川 倖(岐南ジュニアBC・岐阜)②〔21-19、21-16〕0●関野莉子/川島愛美(札幌BEANS・南北海道)

金城芙羽子/平良優奈(糸満ジュニア・沖縄)②〔15-21、21-12、21-12〕1●佐々木桃子/鈴木菜々心(北上ジュニア・岩手)

眞泉果央/近藤愛未(久御山・京都)②〔21-12、21-17〕0●柳下璃央/長原里紗(横浜白山SS・神奈川)

☆6日のフォトギャラリーはこちら!→

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原 淳


投稿日:2021/01/06
■関連キーワード

            

人気記事ランキング