【全日本総合2020】「決勝は自分たちのプレーを最大限に出していければ」(遠藤)準決勝/選手コメント-2

12月26日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)5日目は、男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの準決勝が行なわれている。ここでは、男子ダブルスを戦ったペアのコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

遠藤大由(右)/渡辺勇大
(日本ユニシス)

準決勝結果:古賀輝/齋藤太一(NTT東日本)に2-0で勝利

遠藤 最初は体が硬くて、スムーズに動けませんでした。でも、息が上がるにつれてほぐれていき、リズムに乗れてきたかなと思います。長くラリーをすることで、いい具合に力が抜けて、それがプラスに働きました。明日は、どちらが勝ち上がってきても、とても強い相手。どちらもスピードとパワーがあって、経験もある、すばらしいペア。自分たちのプレーを最大限に出していければと思います。どう戦うかは、明日、コートに入って、羽根の飛びも含めて考えていきたいです。優勝が目標ですが、しっかり準備して結果につながればいいですね。

渡辺 しぶとくラリーして、相手のプレッシャーをかけられたかなと思います。1ゲーム目がとれて、2ゲーム前半にリードできて、気持ち的に楽になりました。決勝のコートに立てるのは、僕にとって誇らしいこと。明日は勝つイメージをつくってはコートに入るのはもちろん、コートの中で修正して、相手のプレーや状況を把握していったら、勝機がある。優勝をめざして、2人でしぶとくラリーができればと思います。

古賀輝(左)/齋藤太一
(NTT東日本)

準決勝結果:遠藤大由/渡辺勇大に0-2で敗戦

古賀 大きい展開になることは予測していました。ただもう少し、こちらがやりたいノーロブとか、低い展開にできればよかった。いい所まで持っていっても、普通だったら決まる所でしっかり返されたので、また一から作らないといけないのが、精神的にもきてしまいました。

(2年連続のベスト4は)準々決勝では、いつもファイナルゲームまでやっていた岡村/小野寺(日本ユニシス)と競り合っても2-0で勝てたのはよかったかなと。試合がなかったのでわからないんですけど、その部分では、ペアとして去年よりよくなっていると感じました。

この一年は、自分ができるだけ前にいけるように、合宿でも、チームのレシーブ練習でも意識して取り組んできました。ただ、まだ全然完成していません。逆にそれをやろうとしすぎて、失敗したりしていたかもしれません。自分たちが低い展開にしたくても大きい展開にされたとき、どう対処していくかが課題です。

齋藤 相手はレシーブ力がある。そこをアタックし続けて決めきることを目標にしていたんですけど、思っていた以上に球が飛ばないこともあって、返されて、焦って、という感じで。もっと早い段階から違う展開を試せたらよかった。大きい展開になりすぎたと思います。

(ベスト4の結果は)あまり調子がよくない中でも、ベスト4に入れたのはよかったのかなと思います。もし2回戦や3回戦のような展開だったら、去年の自分たちなら対応できずにやられていたかもしれないので。

ただ、ベスト4は最低限。それ以上をねらっていたのですが、今日は簡単なミス、バックアウト、サイドアウトも多かったです。相手はミスがほとんどなかった。それがプレッシャーになっていたので、自分たちも簡単にミスをしないようにしていければ、相手にもっとプレッシャーをかけることができて、チャンスが生まれるのかなと思います。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/26
■関連キーワード

                     

人気記事ランキング