【全日本総合2020】A代表組に明暗…。山口、奥原が準々決勝進出も、大堀と髙橋沙は2回戦で敗退<3日目ダイジェスト-2>

12月24日に開催された第74回全日本総合(東京・町田市立総合体育館)3日目は、5種目すべての2回戦が行なわれた。1回戦は上位候補選手が順当に勝ち上がったが、2回戦は日本代表選手らが敗退するなど、波乱も起こった。ここでは、女子シングルスのダイジェストを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

【女子シングルス】

女子シングルスは、A代表の山口茜(再春館製薬所/上写真)と、郡司莉子(八代白百合学園高)の対決に注目が集まった。昨年も2回戦で当たり、その試合は2−1で山口が勝利。1年を経ての再戦は、山口が21−13、21−13で勝利。郡司を厳しい位置に追い込み、いい形で打たせなかった。郡司は来春から再春館製薬所に入社予定。先輩の背中を追って成長していくことだろう。

山口と同じA代表では、奥原希望(太陽ホールディングス)が高校生・内田美羽(青森山田高)の挑戦を2−0で退けた一方、大堀彩(トナミ運輸)、髙橋沙也加(日本ユニシス)が2回戦敗退となった。

髙橋沙は、元A代表で同じサウスポーの佐藤冴香(ヨネックス)と対戦。第1ゲームは序盤からのリードを守って21−15で奪取。しかし、アキレス腱断裂のケガから復帰した佐藤はあきらめずシャトルを追いかけ、21-19、21-16と逆転勝利。最後の1ポイントを奪うと静かに拳を握りしめた。コートを出るときには天をあおいだ佐藤。その目には何が映っていたのだろうか。

A代表の髙橋沙也加を破ったのは、2016年総合女王の佐藤冴香。準々決勝は北都銀行の川上紗恵奈と対戦する

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/24
■関連キーワード

                     

人気記事ランキング