【大学生&社会人イベント】女子シングルスは筑波大1年の栗原あかりが社会人を連破し優勝!

大学生と社会人の交流対抗戦『Badminton Survivor(バドミントン・サバイバー)』が、11月25日から愛知県の一宮市総合体育館で開催。最終日となった27日は、男女各シングルスの準々決勝から決勝までが行なわれた。

女子シングルスでは、筑波大学1年生の栗原あかりが、社会人との連戦を制して優勝を果たした。準々決勝では鈴木温子(Belltree)、準決勝では古川佳奈(丸杉Bluvic)、決勝では小西春七(丸杉Bluvic)にいずれもストレート勝ち。

フットワークのよさを生かしたねばり強さに加え、キレ味のあるクロスカットで対戦相手の足を止めるなど、攻守にバランスのとれたプレーが光った。金メダルを首にかけると、「今大会は、迷いなく思いきってやろうと向かっていけたのが、よかった。満足するプレーができたと思います」と笑顔を見せた。

優勝した栗原あかり(筑波大)

昨年の高校選抜で準優勝している栗原。大学1年生となった今年、コロナの影響で大学の公式戦を経験することはできなかったが、筑波大の練習では高校時代には経験しなかったトレーニングに取り組んだことで、自然とフィジカルや持久力がついたという。今大会もシングルス初日は3試合、この日も3試合の連戦となったが、涼しい表情でプレーし、頂点へと駆け上がった。

まだ1年生。今後の活躍も大いに期待されるが、次の試合は決まっていない。「今回の実戦で得た課題を持ち帰って、しっかり取り組みたい」と、今後の目標について語った。

そのほか、準優勝は小西春七、ベスト4には古川佳奈、海老澤花(東海興業)と社会人プレーヤーが安定した力を発揮した。

準優勝の小西春七(丸杉Bluvic)
ベスト4の古川佳奈(丸杉Bluvic)
ベスト4の海老澤花(東海興業)

【優勝した栗原あかりのコメント】

「今大会は試合の入り方がよかったです。いつもは考えてしまうこと多く、それが迷いにつながってしまっていたのですが、今回は向かっていく気持ちでいけたのが、プレー内容にもつながったのかなと思います。筑波大学ではいろいろなトレーニングメニューがあり、半年間それを積んだことで、今までよりフィジカルが落ちずにプレーできているという手応えがあります。この1年はインカレやリーグがなくなってしまい、代替大会に出られたのはうれしかったですが、やっぱり先輩たちと一緒に戦いたかったという気持ちはありますね」

 

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/宮原和也

 


投稿日:2020/11/27

人気記事ランキング