【高校イベント】四天王寺が混戦を抜け出して優勝をつかむ!

11月22日に開催された高校女子の交流大会『2020 ALL JAPAN Badminton高校選抜大会 Win back ~大切なものを取り戻そう~』(福岡県・九州国際大付高体育館)最終日は、決勝リーグによる最終順位決定戦が行なわれ、四天王寺(大阪)が1位グループの混戦を制して頂点に輝いた。ここでは、優勝争いを展開した1位グループのダイジェストをお伝えする。

11月21日のダイジェスト&記録はこちら

11月21日のフォトギャラリーはこちら

【ダイジェスト】

優勝を果たした四天王寺(大阪)のメンバー

21日に行なわれた予選リーグの結果により、グループ首位で「決勝リーグ」に進んだのは、ふたば未来学園(福島)、柳井商工(山口)、四天王寺(大阪)、青森山田(青森)の4チーム。すべての試合を終えてふたば未来、四天王寺、青森山田の3チームが2勝1敗で並んだが、得失マッチ数差で1位となったのは四天王寺だった。

その四天王寺は、前日に行なわれた決勝リーグ1戦目で青森山田に1-3で敗戦。優勝に向けて白星発進とはいかなかったものの、一夜明け、「気持ちを切り替えられた」とは神山和奏キャプテン。「最終日はみんなで踏ん張って、残りの2試合は絶対に勝とう」と気合を入れ直すと、決勝リーグ2戦目ではふたば未来に3-1で勝利。迎えた最終戦は難敵の柳井商工を3-0のストレートで撃破してリーグ2勝目をつかみ取った。

「ふたば未来に勝って勢いに乗れた」とは四天王寺の結城杏監督。2面展開で行なわれたこの試合、第2ダブルスの大股真悠/岩城杏奈が伊藤歩/渡邊愛夕を2-0で下すと、エース対決となった第1ダブルスでは神山/木山琉聖が杉山薫/田部真唯を圧倒。「絶対に落とさない気持ちでしたし、勝ってチームを勢いづけたかった」(神山)という左右ペアが力強く攻めきった。続く第1シングルスこそ古根川美桜が小野涼奈に敗れたものの、シングルスエースの岩城が伊藤歩を16本、19本で振りきってチームは3-1で勝利。最終戦でも、神山キャプテンが「うちの強み」というダブルス2本をきっちりと奪って勢いに乗った。

大事な所で勝利をあげてチームを勢いづけた神山(右)/木山

四天王寺と得失マッチ数差でわずかに及ばず2位となったのは青森山田。前日に四天王寺を3-1で下した青森山田は最終日、宿敵・柳井商工と対決し、第3単にもつれる約3時間に及ぶ激闘を制して2連勝。“全勝優勝”へ向けて大きく前進したが、最後はふたば未来に2-3で敗れ、目標の優勝にあと一歩届かなかった。

第1ダブルスとトップシングルスを制して先に王手をかけたのは青森山田だったが、残るシングルス2本を取り切れずに悔しい逆転負け。「最後の最後に勝ちきれないのがうちのチームの弱さだと思う」と大澤陽奈キャプテンは厳しく評価した。だが、日本B代表の髙橋美優ら3年生が抜けて挑んだ初めての団体戦。「先輩が抜けてチームの力は落ちたけれど、チャレンジャーの気持ちでしっかり臨めて力を出し切れた。次に向けて全員でまた頑張れる」と、3月に開催予定の高校選抜優勝に向けて確かな手応えをつかんだようだ。

★22日のフォトギャラリーはこちら!

ふたば未来との最終戦でエース対決を制した青森山田の大澤陽奈(右)/石川心夏
最終戦で青森山田との激闘を3-2制し、意地を見せたふたば未来。2勝1敗で四天王寺、青森山田と並んだが、得失差で3位となった。単複ともに負けなしの強さを誇り、チームに大きく貢献した小野涼奈は「みんなのために絶対取る気持ちでやりました。選抜は地元・福島であるので、絶対に優勝したいです」
柳井商工は決勝リーグで白星を挙げられず4位。「相手との勝負より自分との勝負に負けてしまった感じがある。選抜に向けて、最後の場面でしっかり取りきる力をつけていきたい」と竹光唯至監督。写真はエースダブルスとしてチームを牽引した水津愛美(右)/新見桃芭

決勝リーグの結果は以下の通り。

【決勝リーグ】※丸数字は順位。21日の結果も含む

▼1位グループ

四天王寺 3-1 ふたば未来学園

神山/木山 2-0 杉山/田部

大股/岩城 2-0 伊藤/渡邊

古根川 0-2 小野

岩城 2-0 伊藤

 

四天王寺 3-0 柳井商工

神山/木山 2-0 水津/新見

大股/岩城 2-0 兵頭/日野石

古根川 2-0 金廣

 

青森山田 3-1 四天王寺(21日に実施)

大澤/石川 2-1 神山/木山

遠藤/小笠原 2-0 小海/岩井

伊藤 0-2 岩城

石川 2-0 古根川

 

青森山田 3-2 柳井商工

大澤/遠藤 0-2 水津/新見

広瀬/石川 2-0 明地/日野石

伊藤 1-2 金廣

大澤 2-1 永田

石川 2-1 明地

 

ふたば未来学園 3-2 青森山田

杉山/田部 0-2 大澤/石川

小野/伊藤 2-0 遠藤/小笠原

松本 0-2 伊藤

杉山 2-0 大澤

小野 2-0 石川

 

ふたば未来学園 3-1 柳井商工

杉山/田部 2-0 水津/新見

小野/伊藤 2-0 明地/日野石

松本 0-2 永田

杉山 打切り 明地

小野 2-0 相本

①四天王寺(大阪)②青森山田(青森)③ふたば未来学園(福島)④柳井商工(山口)

※1位~3位は得失差による

2位★青森山田
3位★ふたば未来学園
4位★柳井商工

▼2位グループ

富山国際大付 3-2 岡崎城西

富山国際大付 3-1 佐賀女子

倉敷中央 3-2 富山国際大付

倉敷中央 3-2 岡崎城西

岡崎城西 3-0 佐賀女子

佐賀女子 3-0 倉敷中央

①富山国際大付②倉敷中央③岡崎城西④佐賀女子

※1位と2位、3位と4位は得失差による

 

▼3位グループ

九州国際大付 3-0 諫早商

九州国際大付 3-0 開志国際

九州国際大付 3-0 園田学園

諫早商 3-2 開始国際

諫早商 3-2 園田学園

開志国際 3-1 園田学園

①九州国際大付②諫早商③開志国際④園田学園

 

▼4位グループ

八代白百合学園  3-1 県岐阜商

八代白百合学園 3-0 高田商

八代白百合学園 3-1 鹿児島

勝山 3-2 八代白百合学園

勝山 3-0 高田商

勝山 3-2 鹿児島

県岐阜商 3-2 勝山

県岐阜商 3-2 鹿児島

鹿児島 3-0 高田商

高田商 3-2 県岐阜商

①八代白百合学園(熊本)②勝山(福井)③県岐阜商(岐阜)④鹿児島(鹿児島)⑤高田商(奈良)

※1位と2位、4位と5位は得失差による

 

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/湯浅芳昭


投稿日:2020/11/23
■関連キーワード

               

人気記事ランキング