【全英OP2020】「相手の攻撃に怖がることなく、低い展開に持っていけたことがよかった(遠藤)」<準決勝:コメント−4>

3月14日に開催されたBWFワールドツアー・ヨネックス全英OP(バーミンガム/Super1000)4日目は、各種目の準決勝が行なわれた。ここでは、試合を終えた選手らのコメントを紹介しよう。

記事・コメントの一覧はこちら

東京五輪前最後のビッグタイトル
全英オープン2020 CSテレ朝チャンネル2で
1回戦から決勝まで連日放送!!

バナーをクリックすると放送予定が確認できます!

遠藤大由(右)/渡辺勇大
準決勝:イワノフ/ソゾノフ(ロシア)21−16、21−15で勝利!

遠藤 前半から相手の攻撃に怖がることなく、低い展開に持っていけたことがよかったと思います。(決勝についは)連勝していますけど、そんなことは忘れて、自分たちは挑戦者だという気持ちを持って1点でも無駄なく、諦めずに、頑張ることが、最初にやらなければいけないことだと思います。(全英優勝について)本当にあこがれていますし、やれることが(うれしい)。(前回準優勝は)負けていますけど、ここまでこれたこと、よかったと思っています。(混合ダブルスで)優勝している渡辺がいるので、なんかコツを知っていると思うんですけど、明日(決勝)はそこを頼りにして、がむしゃらに頑張っていきたいです。

渡辺 ディフェンスラインを下げなかったのが、すごくよかったです。前に入るところで少しミスは出ましたけど、相手にプレッシャーをかけて前に入り込むことも多少できて、それは、相手にとって嫌だったと思います。また、強い展開ばかりにならず、緩急のあるプレーや、スペースを見つけてシンプルに落とす展開がうまくできたと思います。(現地の子どもから「ユータ・ワタナベ!」というコールがあった)聞こえていました。僕らを応援してくれる声も多かったので、それに応えたい一心でしたし、かなり勇気を与えてくれたと思います。

取材/平野貴也

構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2020/03/15

人気記事ランキング