【WTF2019】「勇大が僕の打つところをわかってくれている。それが、ダブルスでは一番大事(遠藤)」<準決勝:選手コメント-4>

12月14日にBWFワールドツアーファイナルズ2019(中国・広州)4日目が開催された。ここでは、決勝トーナメント・準決勝を終えた選手たちのコメントを紹介する。

記事・コメント一覧はこちら

【男子ダブルス】

遠藤大由(左)/渡辺勇大

決勝トーナメント準決勝:遠藤/渡辺は21−11、15−21、21−10でギデオン/スカムルヨ(インドネシア)に勝利!決勝へ!

遠藤「勝ててよかったです。相手の方がすべてにおいて上。連勝はしていますけど、胸を借りるつもりでやっていますし、またやれるのが楽しみという気持ちを素直にコートで表せたかなと思います。自分の前衛のスピードは、まだまだ。勇大がカバーしてくれるからと思って突っ込んでいる形が多いです。勇大が、僕の打つところをわかってくれている。それが、ダブルスでは一番大事。ヤバイ! と思ったときに、準備してくれていることが多くなっていると感じています。明日も思いきり楽しみたいです」

渡辺「互いに疲れていたと思いますが、相手より先に折れないことだけを意識して頑張りました。昨年との比較は難しいですが、僕自身もレベルアップしていますし、(ペアとしての)完成度も上がってきていると思います。(ミックスを負けた後だったが?)ほかの大会でたくさん負けているので、特に意識することなく、スムーズに試合に臨めました。決勝戦も硬くなり過ぎずに楽しんでプレーしたいです」

取材/平野貴也 構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/12/15

人気記事ランキング