【WTF2019】「(決勝は)自分が頑張れば長い試合になる。相手に主導権を握らせないようにしたい(桃田)」<準決勝:選手コメント-3>

12月14日にBWFワールドツアーファイナルズ2019(中国・広州)4日目が開催された。ここでは、決勝トーナメント・準決勝を終えた選手たちのコメントを紹介する。

記事・コメント一覧はこちら

【男子シングルス】

桃田賢斗

決勝トーナメント・準決勝:桃田は21−17、21−12で王子維(台湾)に勝利!

桃田「相手はネット前からの攻撃がいい選手。引かないように踏み込めていたので、よかったと思います。(ヘアピンをプッシュされる場面もあったが?)リードしていたので、1点を取られて(怖がって)踏み込むのをやめるよりいいと思ったので、気にしていませんでした。予選リーグの対戦で、相手は地に足がついていない感じで、攻撃もネット前ばかり。それで今日は後ろも使ってきたのですが、(自分が)足を使ってコート全体をカバーできたのがよかったと思います。

(決勝戦の相手は、ギンティンだが?)今年、何度も対戦して、簡単に負けることはあっても、簡単に勝つことはない相手。自分が頑張れば長い試合になるし、一球でも多く返す気持ちで、相手に主導権を握らせないようにしたいです。いつも少し保守的になってしまうので、自分から押していきたいです」

取材/平野貴也 構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/12/14

人気記事ランキング