【WTF2019】「以前より絶対にパワーアップしていると自信を持っていた(奥原)」<初日:選手コメント-2>

12月11日にBWFワールドツアーファイナルズ2019(中国・広州)開催された。ここでは、大会初日の戦いを終えた選手たちのコメントを紹介する。

記事・コメント一覧はこちら

グループリーグをテレ朝chで放送!
放送予定はこちら!

【女子シングルス】

奥原希望(1勝0敗)

予選リーグ第1戦:奥原は15−21、21−18、21−19で戴資穎(台湾)に勝利!

奥原「本当に苦しい展開が続き、またトップクラスの選手に普通に負けてしまうのかと思いました。でも、以前より自分は絶対にパワーアップしていると自信を持っていたので、いまできることに集中して、相手よりも“1球を大事にする”ことをできたのが、勝負の分かれ目だったと思います。勝った瞬間は、やっと(トップ選手に)勝てたという気持ちでホッとしました。国際大会でタイトルから離れているので、取りたい気持ちはありますが、初戦からこれだけハイレベルな試合という特別な舞台を楽しみながら、頑張りたいです」

【男子シングルス】

桃田賢斗(1勝0敗)

予選リーグ第1戦:桃田は21−10、21−9で王子維(台湾)に勝利!

桃田「足を動かして打てる球をねらっていこうとしたら、思いのほか、相手が崩れてくれました。ファイナルズに出る選手は、みんな普段なら1回戦は勝てる選手。でも、この大会は、(初戦から)いきなり相手が強いから、立ち上がりが不安定になると思います。

(ファイナルズ出場(によるポイント加算)で、東京五輪出場も確実になりそうだが)そうなんですか? でも、そこが目標ではないし、たくさんの人にサポートしてもらっているので、そんな先を見ず、まずは明日。一球、一球、自分らしくプレーして、見ている人を勇気づけられるような試合を積み重ねれば、もっとパワーアップできるし、東京五輪があると思っています」

取材/平野貴也 構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/12/11

人気記事ランキング