【全日本総合2019】「プレー内容は、優勝するにはまだまだ足りない」(渡辺)<男子ダブルス・準々決勝コメント>

日本一を決める「第73回全日本総合選手権」が、11月26日に開幕した。今年も東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館を舞台に、12月1日の決勝戦まで熱戦が展開される。大会4日目の29日は、各種目準々決勝を実施。ここでは、男子ダブルスの勝利ペアのコメントを紹介する。

遠藤大由(左)&渡辺勇大(日本ユニシス)

結果:準々決勝、市川和洋/馬屋原大樹(ジェイテクト)に2-0で勝利

遠藤「今日の相手は、すごくプレッシャーをかけてくるのが上手な選手。ですが、昨日の段階でそのことを知っていたので、うまく対策ができたんじゃないかと思います。(決勝に向けて)調子が上がってきているという感覚はありませんが、初日よりかは足が動いていたりと、細かなところで徐々に上がって来ているのではないでしょうか。明日については、自分たちのプレーをしっかりできるようにしたいという気持ちだけです」

 渡辺「攻撃の連動性がすごく高いペアに対して、ゆっくりな展開にして連続の形を作らせないように心がけてプレーができました。それが1、2ゲーム目ともよかったと思います。僕としても足は動いていますし、プレー内容も段々と上がって来ている。でも、優勝するにはまだまだ足りません。まずは自分たちの準備を怠らず、100%に近い状態、自分の最善を尽くせる状態にもっていって、試合に臨みたいと思います」

古賀輝(右)&齋藤太一(NTT東日本)
結果:準々決勝、井上拓斗/金子祐樹(日本ユニシス)に2-0で勝利

古賀「相手に対しての相性はよかったのですが、5月のランキングサーキットでは負けているので嫌なイメージがありました。そこをあまり意識せずに自分たちが挑戦する気持ちでいけたのがよかったと思います。自分たちは全日本総合での最高成績がベスト8だったので、ベスト4には絶対にいきたかった。ここからは挑戦しかない。明日はどういう感じになるかわかりませんが、力を出し切れるように頑張りたいです」

齋藤「全日本総合は一発勝負で何があるかわからない大会です。自分たちにもチャンスがあると思ってぶつかっていく気持ちでいます。(準々決勝は)こちらが挑戦者として立ち向かえたのがよかったと思います。僕たちは日本A代表に入ることが目標ですし、入ってからも海外で勝っていきたい。A代表に入りたいという気持ちは本当に大きいです。準決勝は初めての舞台ですが、できることを全力でやれば、結果はその後についてくると思っています」

岡村洋輝(左)/小野寺雅之(日本ユニシス)

結果:三上楓/霜上雄一(日体大4年)に2-1で勝利 

岡村「今日は久々にひどい内容だったかなと思います。サービスまわりだったり、ラリー中もイージーなミスがあった。結構ボロボロで…。最後は戻れてよかったけど、ミスが多かったです。引いてしまった部分があって、自分たちの力の半分くらいの力しか出せなかったです。ベスト4はうれしい気持ちもありますが、保木卓朗/小林優吾ペア(トナミ運輸)が棄権して、ラッキーのベスト4。次の試合で、もう1回勝負という気持ちです」

小野寺「1、2回戦より緊張してしまいました。気持ちの部分で、自分の甘いところが出てしまったのかなと思います。前衛の自分が前で仕掛けていかないと、岡村との攻撃スタイルにならない。もっと自分が前に出ていけたらよかったです。メンタル面がダメでした。明日の相手(渡辺勇大/遠藤大由〈日本ユニシス〉)は、世界トッププレーヤー。去年、準決勝でコテンパンにやられたので、明日は自分たちの持っている力を全部出して、まずは自分たちのプレーをしたい。今日は半分もいかないくらいの力しか出せなかったので、このあともう一度二人で話し合って、明日、挑戦していきたいです」

 園田啓悟&嘉村健士(トナミ運輸)

結果:高野将斗/玉手勝輝(日立情報通信エンジニアリング)に2-0で勝利

園田「今日から2コートで、自分たちが最後の試合になりましたが、試合が遅い時間になったことは気にせず、まず今日を乗り切ろうという気持ちでした。昨日よりできはよかったけれど、ワンテンポ遅れたり、つなぎ球の質が悪かったので、明日修正して臨みたい。

今日の相手は、後輩の金子(真大)/久保田(友之祐)が負けたペア。2人は本当に悔しい思いをしていると思いますが、今日の自分たちの試合で、気持ちで戦っていく姿を後輩たちに見せられたらと思っていました。

明日の相手は、NTT東日本の古賀(輝)/齋藤(太一)ペア。レシーブもできてアタック力もあるペアですが、自分たちらしく低空戦で沈めていけたらと思います」

嘉村「待ち時間が長くて、もう夕食の時間だよって思うくらいの時間帯になりましたが(苦笑)、集中を切らさず、しっかりおにぎりを食べて準備していたので問題なく試合できました。

今日の相手に後輩たちが負けていたぶん、自分たちが最少失点で勝たないといけないと思っていました。それを見て、後輩たちに強くなってほしかった。昨日、金子(真大)と少し話した部分があったので、前衛の自分が先に落として、パートナーに打たせるんだぞという姿を見せようと、今日は本当に気持ちを込めてプレーしました。

明日戦う古賀選手は器用な選手で、齋藤選手は力強い。自分たちと似たようなプレースタイルですが、全日本総合の舞台は気持ちの勝負。相手が強い、弱いは関係なしに、自分たちのプレーをして勝ちにこだわっていきたいです」

 

取材・構成/吉井信行、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原 淳


投稿日:2019/11/30

人気記事ランキング