【世界選手権2019】園田&嘉村、遠藤&渡辺らが世界の頂に挑戦!<男子ダブルス>

8月19日からスイス・バーゼルで開幕する第25回世界選手権。世界一を決める大会で 日本勢は前回、金メダル2つを含む6個のメダルを獲得した。今回はさらなる数と輝きを求めて、バーゼルの地で世界の精鋭たちと激突する。ここでは、男子ダブルスに出場する選手たちと、それぞれの展望を紹介しよう。

2018年大会の記事はこちら

園田啓悟(左)/嘉村健士
(WR4位)

2回戦:イワノフ/ソゾノフ(ロシア)VS
アリフ/アズリン(マレーシア)

前回大会で銀メダルを飾った園田/嘉村は、第3シードをつかみ2回戦から登場する。しかし、その道のりは初戦から厳しそう。なぜなら、シード下の1回戦にはロシアの長身ペア、イワノフ/ソゾノフ(ロシア)が入ったからだ。マレーシアのアリフ/アズリンと戦うロシアペアは、最近こそ大きな結果は出していないが、2016年の全英OP優勝などの実績もあり、5月のスディルマン杯では遠藤大由/渡辺勇大から勝利を手にしている。ハマったときの破壊力は抜群で、侮ることはできない相手だ。スピード勝負では園田/嘉村に分はあるが、ドライブ合戦になると、近況の戦いでやや不安を残す日本ペアが苦しむ可能性もある。

2回戦を突破しても、次の戦いでは中国の譚強(タン・チャン)/何濟庭(ヘ・ジティン)やアングリアワン/ハルディアント(インドネシア)といった強豪の勝ち上がりが予想される。こちらも決して気を抜けないが、優勝をめざす2人にとってはそれらすべてを乗り越えてこそ価値のあるメダルとなる。まずは序盤の戦いをしっかり制してメダルを確保、そして一番の輝きにしていきたい。

2回戦:8月21日以降/前回結果:銀メダル

遠藤大由(左)/渡辺勇大
(WR5位)

2回戦:クリスナンタ/ヒアン(シンガポール)VS
ラムスフス/ザイデル(ドイツ)の勝者

第5シードの遠藤/渡辺。2人のペアで出場した世界選手権ではまだメダルを手にしたことはなく、初のメダル獲得に向けて気持ちをいれている。

ソノカム同様、2回戦からの登場となる遠藤/渡辺の相手は、ドイツとシンガポールペアの勝者となる。どちらもランキングでは格下の相手となるが、決して軽視することはできない。とくにドイツペアは勢いに乗って連続得点をつかむと、なかなか流れを止めにくいペア。ディフェンス面が特にポイントとなってくる。

遠藤/渡辺が2回戦を突破すると、次の3回戦で対戦しそうなのは、2017年張楠/劉成(中国)。二人は18日まで行なわれている秋田マスターズ(Super100)に参戦しており(互いに別のペアで出場)、その足でスイス・バーゼルに入る。移動面での疲れがどこまで残っているかにもよるが、実力的には上位クラスなのは間違いない。ペアとしての出場が久々となるため、そういったウィークポイントをうまくついて勝利を確実にモノにしたい。

2回戦:8月21日以降/前回結果:ベスト16

保木卓朗(左)/小林優吾
(WR13位)

2回戦:P・チュー/R・チュー(アメリカ)VS
ハン・レング/ウェラー(オーストラリア)の勝者

今季はインドネシアOP(Super1000)でベスト4に入るなど、上位大会での結果も出始めている保木/小林。今大会はシードペアとして、2回戦からの登場となる。初戦の相手となるのは、オーストラリアとアメリカペアの勝者。実績面、実力面から見ても日本ペアが上回っており、大きな問題はなさそうだ。

二人にとって最初の山場となりそうなのが、3回戦で激突が予想される中国の韓呈愷(ハン・チェンカイ)/周昊東(ツォウ・ハオドン)。中国の期待の若手ペアは、ワールドツアー上位大会でも好結果を残しており、プレー面でも攻守ともに安定した内容が多くなっている。これから保木/小林のライバルともなりそうな相手だけに、ここで勝利をつかんでおきたいところだ。

順当に勝利をつかんで準々決勝まで勝ち上がると、そこにはチームの先輩でもある園田/嘉村が待っている。優勝候補の一角との対戦となるが、保木/小林はその先輩相手にインドネシアOPで初勝利を飾った。この1勝が二人にとっていいイメージとして残り、勝てるチャンスもそのぶん広がっているはず。大舞台でのメダル獲得に向けては避けては取れない相手だけに、チャレンジャーの気持ちで勝利をつかみにいきたい。

2回戦:8月21日以降/前回結果:2回戦敗退

井上拓斗(右)/金子祐樹
(WR21位)

1回戦:アルン・ジョージ/サンヤム・シュカラ(インド)

今季はなかなか結果に恵まれていない井上拓斗/金子祐樹。シードはつかめず、1回戦から登場する。相手は世界ランキング84位で、格下のインドペア。ここは2人にとっては大きな問題はなく、ポイントとなる試合は2回戦のマレーシア・アーロン・チア/ソー・ウィーイクとの勝負だ。現在マレーシアの1番手として活躍するチア/ソーは、アグレッシブな攻撃を仕掛けてくるペア。昨年から好結果を出すようになってきた2人は、今年の3月の全英OP(Super1000)では準優勝を飾るなど、パフォーマンスも実績もどんどん上昇。勢いもある相手だけに、井上/金子にとっては前半からしっかりペースを握ることが勝利への鍵となりそうだ。

1回戦:8月20日/前回結果:ベスト8

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/08/19

人気記事ランキング

閉じる