【日本RC】攻撃力が光る星&松田が頂点へ駆け上がる!〈女子ダブルス決勝〉

5月25日から、サイデン化学アリーナ(埼玉県さいたま市)で開催中の「2019年日本ランキングサーキット」は大会最終日。各種目決勝が行なわれ、それぞれ優勝者が決まった。ここでは、女子ダブルスのダイジェストと結果をお伝えしよう。

結成間もない星千智(写真手前)/松田蒼(日本ユニシス)と、大学時代からペアを組む加藤美幸/柏原みき(ACT SAIKYO)による決勝戦は、星/松田が2−0で勝利を収めた。

ともに強気の攻めを身上とするペアの対決。バック側の低めのロブにもラウンドで飛びつき、果敢にスマッシュを打ち込む星/松田の勢いに、加藤/柏原がやや押される展開に。折り返しは11−5で星/松田。ACT SAIKYOの応援席からは「1回ガマン!」の声が飛ぶが、星/松田が攻撃の手を緩めず、21−12で第1ゲームを奪った。

劣勢を挽回したい加藤/柏原は第2ゲーム序盤、前衛を得意とする加藤が積極的に前に出て得点を重ねた。いい形ができてきたところで、日本ユニシスのコーチ席に座る早川賢一コーチから「攻撃のときはどんどん仕掛けていいから」とアドバイス。星/松田が攻め返し、第1ゲームと同様に苦しい体勢からもスマッシュを打ち続けて逆転。加藤/柏原は、加藤が前に入る形をなかなか作れず、つなぎ球をネットにかけるなどミスも重なり、点差を離されていく。スマッシュを決めてマッチポイントを握った星/松田は、最後の1点を星のネット前プッシュで奪って絶叫。うれしい初出場初優勝を果たした。

大阪国際チャレンジの優勝ペアを破ってきた加藤美幸(右)/柏原みき(ACT SAIKYO)だが、決勝は主導権を握れなかった

◆結果
星千智/松田蒼(日本ユニシス)②〔21−12、21−14〕0加藤美幸/柏原みき(ACT SAIKYO)

【優勝コメント】

優勝 星 千智(左)/松田 蒼(日本ユニシス)

星 試合前から2人で話し合って、攻撃していく形を確認して試合に入ったので、最初から自分たちの攻撃スタイルで試合を進められました。気持ちの面でも、アグレッシブにプレーできたと思います。私たちの持ち味は、どちらも攻撃が強いので、それが合わさったときの攻撃力。直近の目標は全日本実業団です。チームには先輩方がたくさんいるので、使ってもらえるように監督やコーチにアピールして、起用してもらえたら、ポイントをとってチームに貢献したいと思います。

松田 決勝は、大会を通して、一番いいパフォーマンスを出せたと思います。決勝だからというプレッシャーはなく、最後だから思いきろうという気持ちで入れたのもよかったです。ドローは強いペアが固まっているゾーンだったので、優勝というのは意識せず、一戦一戦という思いで大会に臨んでいました。大会を通して調子自体はそれほどよいというわけではなかったですが、それが逆に一戦一戦乗り越えていこうという気持ちになれて、よかったのかなと思います。

準優勝 加藤美幸/柏原みき(ACT SAIKYO)

柏原 優勝が目標だったので、最後に勝ちきれなくて悔しいです。相手が最初からかなり攻撃的にプレーしてきたので、それに対応していかなくてはいけないとは思ったのですが、ずるずると最後までいってしまいました。逆に、自分たちからもなんとか攻撃していこうとしましたが、それをレシーブで返されたり止められてしまい、自分たちの攻撃のスタイルをつくれませんでした。

 

取材・文/バドミントン・マガジン編集部、平田美穂
写真/井出秀人


投稿日:2019/05/29

人気記事ランキング

閉じる