【スディルマン杯帰国会見】「中国から学ぶことがたくさんあった」(髙橋)<コメントー2>

5月27日(月)、中国・南寧で開催された「スディルマンカップ2019」で銀メダルを獲得した日本代表選手団が帰国。羽田空港内で帰国会見を行なった。

以下は会見での日本代表選手団の女子選手のコメント。

*男子選手と朴柱奉監督のコメントはこちら

髙橋礼華 副キャプテン(日本ユニシス)

今回は合宿から初優勝をねらって準備してきたので、決勝で負けてすごく悔しいです。対戦相手の中国から、私自身、学ぶことがたくさんありました。これからの個人戦で中国にリベンジできるように、またチーム一丸となって頑張っていけたらと思います。

山口茜(再春館製薬所)

個人的にもすごく悔しい思いをたくさんしましたが、内容も結果も受け止めて、次につながるようにまた頑張っていきたい。プレッシャーや緊張感があるなかで、競ったときに自信を持ってプレーすることが難しかったので、もっと堂々とプレーできるようになりたいです。

奥原希望(太陽ホールディングス)

優勝を目標にしていましたが、準優勝。私自身、すごくいい経験させていただきました。これを個人戦に生かしていきたい。個人戦でも、「バードジャパン」としてお互いに切磋琢磨しながら、高めあっていけたらと思います。まだまだ自分に足りない部分も見つかりました。細かい部分、全体的なベースアップをしないと、中国のような力を発揮できない。もっと底力をつけていきたいです。

松友美佐紀(日本ユニシス)

今回は本当にいい経験をたくさんさせていただきました。これからもペアとして2人でもっと強くなっていけたらと思います。

松本麻佑(北都銀行)

今回、このチームで戦えたことを誇りに思っています。いい経験ができたので、これからも高みをめざして、より一層、頑張っていきたいと思います。試合の中で課題だと感じたのは、サービスまわり。ミスを少なくしていきたいです。

永原和可那(北都銀行)

個人的には初めての団体戦で、いつもの個人戦とは違った雰囲気を味わえました。準優勝で悔しいですが、2年後に向けて、優勝をめざして頑張りたい。今回の経験を個人戦につなげていけたらと思います。準決勝のパフォーマンスはすごくよかったですが、いいときと悪いときの波が激しいので、そういう波がなくせるようにしたいきたいです。

廣田彩花(アメリカンベイプ岐阜)

準優勝という結果で終わって、すごく悔しい。個人的にはいい経験をさせてもらえたので、次の個人戦に向けてまた頑張りたいです。個人的にもスキルアップして、大事な場面で1点が取れるようにしていきたいと思います。

福島由紀(アメリカンベイプ岐阜)

個人的には、スディルマン杯は初めての出場でしたが、すごくいい経験をさせていただきました。これを次に生かしていきたいと思います。また、クオリティの高い試合を見ることができたので、自分たちもそうできるように頑張っていきたいです。

東野有紗(日本ユニシス)

決勝ですごく悔しい思いをしましたが、2年後のスディルマン杯で優勝できるように「バードジャパン」一丸となって頑張るので、応援よろしくお願いします。

 

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/幡原裕治


投稿日:2019/05/28

人気記事ランキング